テーマ:カゴメの歌

カゴメの歌

567 カゴメの歌 へブル語では ヤーエ はヤハウェの意味ですし、 ヨイショ よいしょ は、「主、助けたまえ」 です。 相撲の横綱の 土俵入りの時の 四股を踏むときの掛け声です イザナギとイザナミが結婚する時「あなにやし、え男を」 「あなにやし、え乙女を」と言い合う場面、ここの、、 あなにや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more