ユダ安倍

782 ユダの安倍




大禍津日神(おほまがつひのかみ祖女神)と
大物主(天使の荒魂)
八千矛神は
降臨・・・・

十支族のイスラエル(日本)に
ユダの天皇と
八家(中国のユダ族)の
安倍と習近平と文在寅
公明党と野党も
マスコミも
すべて
グル

国境封鎖せず
乗っ取りの
筋書き通りに
やっているな

マスコミは
会心しなかったら
時間が消える

・・・安倍
安部文殊院では
あなたは
絶対零度呪詛されている
靖国へ行かないのも
創造主に呪われている

イルミナティ
コミンテルン
悪魔教のユダ族
ローマカトリック
エイリアンたち

創造主により
宇宙と地球で
予言が実行される

武漢ウイルス
生物兵器を
経済破綻で
中国は使った

マスコミは
ぜったい報道しない
儒教は悪魔崇拝・・日本にはない残酷なシキタリ

李氏朝鮮1392から1910 
李成桂

八家 中国のユダ族(悪魔教)
孔子廟 ユダ族
朱子学

孔子 子路 生口 犬喰い

李氏朝鮮の社会   カーストの様な身分制度
両班(文班と武班)支配者ヤンバン
中人・・ 公務員
常民・・ 農商
賤民・・ 奴隷  僧侶 ト殺

ファリサイ派(マタイによる福音書23-4節)
使徒パウロ「テサロニケの信徒への第二の手紙」
働きたくないものは食べてはならない3-10

在日の
公明党が
国境封鎖する海上保安庁を
10年取っていることの意味  

韓国語と中国語の
道路標示が
日本の各所にある意味

カルト教団の創価学会
統一教会も共産党も
崖っぷちにいる



山王34.444331, 132.452724
山王から油谷の安倍   79泣く王85 ユダ族の王285
128.51 km(79.85 マイル)安倍34.380324, 131.054029
油谷の安倍から大山祇神社 の111
179.87 km(111.77 マイル)34.247858, 133.005964
180.10 km(111.91 マイル)生命樹34.247850, 133.008459
180.14 km(111.94 マイル)奥の院34.248074, 133.008956
180.23 km(111.99 マイル)
〒794-1304 愛媛県今治市大三島町宮浦3202生命樹
〒794-1304 愛媛県今治市大三島町宮浦3173奥の院
〒759-4501 山口県長門市油谷蔵小田


新しい墓と古い墓(5m東)で 違う
油谷の安倍から靖国神社
804.10 km(499.64 マイル)
804.11 km(499.65 マイル)霊璽奉安殿
804.13 km(499.66 マイル)靖国神社奥35.693972, 139.742607
804.14 km(499.67 マイル)
804.15 km(499.68 マイル)靖国神社玄関35.694035, 139.742830
804.18 km(499.69 マイル)拝殿
804.28 km(499.76 マイル)神門
804.48 km(499.88 マイル)大村益次郎像35.694808, 139.746370
804.60 km(499.96 マイル)大鳥居入口35.695108, 139.747652
804.69 km(500.01 マイル)道入口35.695330, 139.748577
新しい墓で 修正しているな
〒102-0073 東京都千代田区九段北3丁目1−1

阿倍氏は、「阿倍」を氏の名とする氏族。
孝元天皇の皇子大彦命を祖先とする皇別氏族である
本貫: 大和国十市郡阿倍  ?

油谷の安倍から文殊院東古墳   絶対零度で呪われている
439.34 km(273.00 マイル)東古墳34.503434, 135.843110
439.33 km(272.99 マイル)安倍晴明堂34.502978, 135.843020
〒633-0054 奈良県桜井市大字阿部644
〒633-0054 奈良県桜井市大字阿部672安倍晴明堂

山王から安倍晴明堂  煩悩と円  出雲大社と同じ
310.83 km(193.14 マイル)
310.73 km(193.08 マイル)安倍文殊院34.503846, 135.841848

意味することは
道入口(安倍文殊院 表山門)からでは 
すべて
絶対零度判定

たとえば
油谷の安倍から金閣浮御堂(仲麻呂堂)から安倍文殊院 表山門
439.36 km(273.01 マイル)
安倍文殊院 表山門34.503003, 135.841022
〒633-0054 奈良県桜井市大字阿部704−1表山門・・・ここ
〒633-0054 奈良県桜井市大字阿部645仲麻呂堂

解説者
阿倍 仲麻呂は、
奈良時代の遣唐留学生。
姓は朝臣。
筑紫大宰帥・阿倍比羅夫の孫。・・・大宰帥(大伴三依)
中務大輔・阿倍船守の長男。
弟に阿倍帯麻呂がいる。
唐名を「朝衡/晁衡」とする。
唐で国家の試験に合格または推挙で登用され
唐朝において諸官を歴任して高官に登ったが、
日本への帰国を果たせずに唐で客死した。・・・八家となる
天平5年(733年)多治比広成が率いる第10次遣唐使
唐の玄宗・粛宗 ・代宗に歴仕して、
宝亀元年(770年)1月に73歳の生涯・・・ここ
代宗は潞州大都督の官名を贈っている。

wiki/白村江の戦い
阿倍仲麻呂(真清田神社のイエス)と楊貴妃(熱田神宮の瀬織津姫)
どうして 二人で唐へ 行ったかは  百年の開きがあるが
白村江の戦663年10月4日 - 10月5日天智天皇2年8月27日 - 同年8月28日
日本側の将軍
上毛野君稚子
阿倍比羅夫
扶余豊璋

その後
天智10年(670年)正月には、
佐平(百済の1等官)鬼室福信の功により、
その縁者である鬼室集斯は小錦下の位を授けられた・・
(近江国蒲生郡に送られる)。
百済王の一族、豊璋王の弟・善光(または禅広)は、
朝廷から百済王(くだらのこにきし)という姓氏が与えられ、
朝廷に仕えることとなった。
その後、陸奥において金鉱を発見し、
奈良大仏の建立に貢献した功により、
百済王敬福が従三位を授けられている。
史料によれば、朝鮮半島に残った百済人は新羅及び渤海や靺鞨へ四散し、
百済の氏族は消滅したとされる。

鬼室神社から降松神社
418.41 km(259.99 マイル)降松神社34.019175, 131.884601
420.42 km(261.24 マイル)妙見宮鷲頭寺34.011368, 131.864612
47.00 km(29.20 マイル)明治天皇陵34.937009, 135.781148
〒744-0061 山口県下松市大字河内1984番地 降松神社
〒744-0014 山口県下松市中市1丁目10−15 妙見宮鷲頭寺

鬼室神社から聖徳太子磯長廟
81.81 km(50.83 マイル)奥34.519490, 135.639278
81.81 km(50.84 マイル)中34.519424, 135.639275
81.82 km(50.84 マイル)前34.519354, 135.639269
〒583-0995 大阪府南河内郡太子町大字太子

聖徳太子()
膳大郎女(妃)
穴穂部間人(母)

配偶者
   菟道貝蛸皇女
刀自古郎女
橘大郎女
膳大郎女

油谷の墓から鬼室神社から道入口  天使を魔王が囲む
483.54 km(300.46 マイル)鬼室神社35.029880, 136.284427
483.51 km(300.44 マイル)六角形35.030059, 136.284658
〒529-1615 滋賀県蒲生郡日野町大字小野

安倍寺跡
〒633-0055 奈良県桜井市安倍木材団地1丁目11−10

唐の楊貴妃(熱田神)

長屋王  この舞楽が 厳島神社の蘇利古 大年の大利神社
配偶者 吉備内親王
   藤原長娥子
   安倍大刀自(賀茂女王の母)・・・阿倍朝臣
   石川夫人
皇親勢力の巨頭として政界の重鎮となったが、
対立する藤原四兄弟の陰謀といわれる
長屋王の変で自殺した。・・殺された

大伴旅人が大宰帥であった頃、・・・大宰帥
筑紫に赴任する大伴三依に贈った歌。

賀茂女王(長屋王の息女)の大伴三依へ歌   ふむっ・・・神亀五年(728)頃
筑紫船つくしぶねいまだも来ねばあらかじめ荒ぶる君を見るが悲しさ(万4-556)
大伴の見つとは言はじ茜さし照れる月夜つくよに直ただに逢へりとも(万4-565)
秋の野を朝ゆく鹿の跡もなく思ひし君に逢へる今宵か(万8-1613)
https://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/kamo_jo.html

藤原四兄弟や それに かかわった者には  死

多賀宮から熱田神宮から鳥居()
73.85 km(45.89 マイル)鳥居35.126865, 136.908691
73.81 km(45.87 マイル)門35.127161, 136.908680
外宮の多賀宮 祭神 豊受大御神荒魂ニンリルの荒魂

多賀宮から石壺神社   ダムで動いている
359.83 km(223.58 マイル)石壺神社35.218144, 132.951202
〒699-1342 島根県雲南市木次町平田1960
〒699-1342 島根県雲南市木次町平田409  特異点

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント