755 微細構造定数と137

755 微細構造定数と137



NHKのアイアンロードは
日本では違う

外務省は外国の占領下だね
官僚は 総入れ替えが必要だ
外務官僚はGHQから
コミンテルンだね・・・

創造主の数137

創造主の数137 163 136
絶対零度 273 237 27 300 360 365 安全率273/300 27/300 1/300死
連想

wiki/微細構造定数 1/137
微細構造定数(びさいこうぞうていすう、英: fine-structure constant)は、
電磁相互作用の強さを表す物理定数であり、
結合定数と呼ばれる定数の一つである。
電磁相互作用は4つある素粒子の基本相互作用のうちの1つであり、
量子電磁力学をはじめとする素粒子物理学において重要な定数である。
1916年にアルノルト・ゾンマーフェルトにより導入された。・・・
記号は α で表される。

歴史的な経緯から、
複数の電磁気量の単位系とそれらが基づく量体系があるが、
微細構造定数は無次元量で、・・・何故だろう
単位はなく、量体系に依らず値は変わらない。
微細構造定数の値は
α=7.2973525693(11) 10{-3乗}
である(2018CODATA推奨値)。
微細構造定数の逆数(測定値)もよく目にする量で、その値は
1/α =137.035999084(11)
である。
α =1/c c光速度
プランク長さ 1.6162×10{-35乗}m・・・これもユダヤ秘数字文字
プランク時間 5.39×10{-44乗}s・・・これも
プランク温度 1.42×10{32乗}k・・・これも
プランク電荷 1.88×10{-18乗}c・・・これも
/プランク単位系
数式は うまく表示できないので


137があちこちにある。
黄金角。
マクロとミクロ繋ぐ微細構造定数。
137はフラクタル分割に関係する。
フィボナッチ。
137億年は宇宙の年齢。
ハッブル時間(宇宙の年齢にほぼ等しい)は約137億年である。
ハッブル距離(宇宙の地平線までの距離にほぼ等しい)は約137億光年である。
最大原子番号。
セシウム137はSLICやガンマ線源に使われる人工放射性核種。
理論上存在しうると考えられる最後の元素(ウントリセプチウム)の原子番号

創造主の数137
過去のディープインパクトへの放浪
ヨシオ山の彼は
人類の未来も 知っている

〒731-0137 広島県広島市安佐南区山本9丁目34−9
広島県広島市安佐郡東山本600番地
東山本村133屋敷・・・・旧約聖書の番号
安芸の国の沼田郡東山本村 迫 三王原・・・中沢?
系図の調査の兄からは
尾張の国へ長子が行っている
向こうからは妻が来ていた

私はすべて オープンする
結果は あなた達の 行動に係る
国家 団体 悪意をもてば
・・・・
今までの 全ての オープンは
そんな理由で
瀬戸際にあるのだが
神の存在証明の数値と言われる137
133 137
137は33番目の素数である。・・観音の一回転33年
1つ前は131、次は139。

山王から大神神社 111333777 9 三位一体が尊天 大物主?
311.77 km(193.73 マイル)大神神社34.528778, 135.852994
山王34.444333, 132.452721
〒633-0001 奈良県桜井市大字三輪271−2

山王権現の大年
阿須伎神社35.399160, 132.715645 の38社は
〒699-0731 島根県出雲市大社町遙堪阿式谷1473・・ここ
出雲風土記の
消された阿須伎神社の阿受伎社三十九社は
38社は出雲大社の東西の十九社の38社 35.401470, 132.686074

山王から乙見神社
107.77 km(66.96 マイル)乙見神社35.388653, 132.718528
〒699-0732 島根県出雲市大社町入南360

乙見神社から下北半島の弁天島の弁天
988.39 km(614.16 マイル)弁天41.553572, 140.911695
656.99 km(408.24 マイル)率土神社35.426772, 139.969142+宮
〒299-0257 千葉県袖ケ浦市神納3382

大国主大神と多紀理比売命との間に生まれ・・間違い 不明
天若日子のお妃の下照比賣命(瀬織津姫)
高木神エンキに殺される天若日子(大年)
山王玄関から乙見神社から道入口
107.80 km(66.99 マイル)道入口35.388265, 132.718632
山王玄関34.444349, 132.452852

解説者
結合定数 e、つまりホンモノの電子がホンモノの光子を放出、
吸収する振幅については、深遠で美しい問いがある。
これは実験ではおよそ0.08542455ぐらいに決まる単純な数だ
(友人の物理学者たちは、この数字がわからない。
というのも、この逆数の2乗を覚えているからであり、
およそ137.03597 、
最後の桁には2程度の不確かさがある値だ。
これは50年以上前に発見されてからずっと謎であり、
優秀な理論物理学者たちは皆、壁に貼り付け、悩んでいる。)。
すぐにでもこの結合を表す数が
どこから現れたのか、知りたいだろう。
円周率や、もしかしたら自然対数の底に関係しているのかもしれない。
誰もわからないのだ。
こいつは全くもって物理学における重大な謎の一つだ。
人間の理解が及ばないところから現れた魔法の数だ。
— R.P. Feynman、QED: The strange theory of light and matter

電子と光子が相互作用する過程を表すファインマン・ダイアグラムの例。
実線は電子の伝播関数、波線は光子の伝播関数であり、
それらを結ぶ頂点に √α が現れる。

「微細構造定数」として広く知られるこの値は,
電磁気学に量子力学理論を適用した先駆者ゾンマーフェルト
(Arnold Sommerfeld)によって1916年に初めて導入されたもので,
真空中の荷電粒子の振る舞い(ε0)を含む電磁(e)相互作用に関して,
相対論的な性質(c)と量子論的な性質(h)を関係づけている。
αは約1/137(1/137.03599976)の値を持つということが
測定からわかっているため,
物理学者の間では137という数値が
特別な意味を持つようになった
(彼らのブリーフケースの鍵の番号はたいてい137だ)。

しかし,近年,定数をめぐる問題は秩序どころか,
いっそうの混乱に陥っている。
究極理論の最有力候補は,
ひも理論から派生した「M理論」と呼ばれる理論だ。
M理論が矛盾なく成立するには,時空の4次元に加えて,
宇宙にさらに7つの次元が存在しなければならない。・・確定
ここから推測できるのは,
私たちが認識している定数は,
実は根本的な定数ではないかもしれないということだ。
本当の自然定数はすべての次元をそなえた高次元空間にあって,
私たちはその3次元の「影」を見ているにすぎない。
十一面観音菩薩の十一面  
11次元の超弦理論・・・M理論

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント