752 享保大飢饉

752 享保大飢饉


享保17年(1732)・・・137 23
徳川吉宗の時代は
富士山の噴火と
大飢饉と
原因は
前回の噴火の
あの時と同じく
はっきりしている・・・
安芸の国の飢餓は
時の藩主
浅野吉長を
切腹して諫めた節姫(51歳)にも
原因


高座結御子神社(たかくらむすびみこじんじゃ)
〒456-0015 愛知県名古屋市熱田区高蔵町9−9
熱田神宮のすぐ北にあり

133屋敷の山王から大和國一之宮 大神神社
311.77 km(193.73 マイル)大神神社34.528774, 135.852983
〒633-0001 奈良県桜井市大字三輪271−2・・133の6
〒633-0001 奈良県桜井市大字三輪1422
これ 驚いたね  Nisrochニスロク  
エデンの園の禁断の樹(生命樹ニンマー瀬織津姫)の
守衛を担当の鞍馬の護法魔王尊
尊天は三人  三位一体

門から確認しながら空を飛んでくるイメージ
133屋敷の山王から四天王寺の奥殿から聖徳太子廟から中門
300.31 km(186.61 マイル)中門34.519118, 135.639252
聖霊院太子殿奥殿34.653829, 135.517358
〒543-0043 大阪府大阪市天王寺区勝山2丁目21−21
聖徳太子磯長廟34.519426, 135.639274
真言宗系単立 太子宗 磯長山 叡福寺 聖徳太子磯長廟
〒583-0995 大阪府南河内郡太子町大字太子
〒583-0995 大阪府南河内郡太子町大字太子2146叡福寺

聖徳太子なんて いないよ・・云々言っている人・・
護法魔王尊に ケチつけて 大嘘吐いて どうするの
閻魔より 怖い神さんが聖徳太子

鹿島香取神宮の鹿は
ナフタリ族 鹿
ヤコブとラケルの女奴隷ビルハの子であり、
ヤコブの第6子である。
ヨハネの黙示録7章において、
終末に額に印を押される民にナフタリ族も含まれている。
シュメール神話では冥界王の夫婦

/wiki/紀州藩
紀伊国は慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの後、
甲斐国主であった浅野幸長に与えられ、・・・甲斐の浅野幸長
外様の浅野家の治める紀州藩が成立した。
元和5年(1619年)の福島正則改易に伴い・・1619
浅野家が安芸国・広島藩に移されると・・・なぜ広島藩かも・・繋がる
それまで駿府藩主だった徳川家康の十男・徳川頼宣が・・三島大社
浅野の旧領に南伊勢を加えた55万5千石で入部、・・・555
紀州徳川家の治める親藩の紀州藩が成立した。

頼宣は浪人を多く召抱え、
慶安4年(1651年)の慶安の変では・・1651年
その首謀者・由井正雪との関係を
幕府に疑われたこともあった。・・疑っていい人物
これは将軍家に対する
対抗心からともいわれるが
詳細は不明。・・・意味は はっきりしている
頼宣の孫である第3代藩主の綱教は
第5代将軍・徳川綱吉の長女・鶴姫を娶ると、
子のない綱吉の後継者に
擬せられるようになったが早世した。・・・
その後紆余曲折を経て、・・・小説の様な彼らの企みだった
享保元年(1716年)に綱教の弟で
第5代藩主の吉宗が将軍家を相続して第8代将軍となると、
200名を超える紀州藩士が
吉宗に供奉して江戸に上り幕臣に組み込まれた。

吉宗を出した後に
支藩から宗家を相続した第6代藩主の宗直は、
石高の57%を損失した享保飢饉による財政難を・・・享保飢饉
2万両の公金拝借で切り抜けたが、
以後はこの財政赤字を公金で繕うやりくりが踏襲された。
和歌山藩は将軍家に近いことから財政的に幕府への依存を深め、
これが一方で幕府財政を圧迫する要因となった。

第11代藩主の斉順は天明年間の拝借金が棄損となり、・・11
幕府の大坂蔵詰米より新たに2万俵を借用した。
拝借金残金は4万5千両に達していた。

第13代藩主の慶福は第11代将軍・徳川家斉の孫で、
安政5年(1858年)に子のない第13代将軍・家定の後将軍家を相続して
第14代将軍家茂となった。
第8代将軍吉宗以後の歴代の将軍は
いずれも紀州藩および
その連枝である一橋徳川家に連なる者で
占められることになった。・・・ここ
明治期には廃藩置県により和歌山県になるが、
紀伊国の東部と伊勢国の紀州藩領は三重県に編入された。

〒640-8137 和歌山県和歌山市吹上2丁目4−15・・・ここで確定
徳川吉宗生誕の地34.221983, 135.170838
◎徳川吉宗生誕の地から鹿島神宮
533.33 km(331.39 マイル)鹿島神宮35.968753, 140.631538

山王から徳川吉宗生誕の地
250.80 km(155.84 マイル)王になって確定
250.79 km(155.83 マイル)79悲しい不成立
山王34.444323, 132.452717

現実は小説より奇なり

https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki_file/monjokan/nenpyou/nenpyou-kinsei1.pdf

享保飢饉
被害は西日本諸藩のうち46藩にも及んだ。
46藩の総石高は236万石であるが、
この年の収穫は僅か27%弱の63万石程度であった。
餓死者12,000人(各藩があえて幕府に少なく報告した説あり)にも達した
(『徳川実紀』によれば餓死者969,900人)。・・・秘数字文字になっている
また、250万人強の人々が飢餓に苦しんだと言われる・・・大物主の祟り??

最大の凶作に陥った瀬戸内海にあって
大三島だけは・・大山祇神社の女神の処
下見吉十郎がもたらしたサツマイモによって・・下見吉十郎
餓死者を出すことはなく、
それどころか余った米を伊予松山藩に献上する余裕があった。
下見吉十郎   下見(飢餓を対策する) ヨシ 十字 郎


◎広島の富くじ・芝居の興行
寛永2年(1625)までは、城下町材木町にあった遊郭も、
藩命により厳島に移転となった。・・・神島に・・・ここも 祟り
元禄期以降、上方を中心とした遊興的な町人文化は、
西国の地方都市にも押し寄せたが、
広島城下では芝居・相撲・見世物興業が許可されなかったため、
人々は宮島や近郊へ出かけ、これらを楽しんだ。

1731 享保 16 辛亥
1732 享保 17年
2- 5 高田郡有留村百姓 50 人ばかり城下へ出訴,
翌朝村役人体のものを連れ帰る〔吉長公御代記 28〕。

・・・地元の被害・・・山本村(明治22年) ← 東山本村、西山本村
金龍院 立専寺資料 享保の大飢饉
享保17年(1732)地元の村内(東山本村)では
9月から12月 餓死者疫病死 90人
1月 19人
2月 30人
3月 15人    154人
・・・庄屋宇右衛門 孫助 新左衛門が御鉢米として云々・・・

八木用水を完成させ地域を旱害から救った
桑原卯之助は享保八年 (1723) 祇園村南下安
(広島市安佐南区祇園)で庄屋利右衛門の長男として生まれた。
卯之助は天明3年(1783) 4月10日 病のために60歳で没した。 
墓は祇園の 「勝想寺」 境内に、
功績を記した 碑は安佐南区八木にある。

餓死者 8644 人/広島藩 731 人/福山領〔浅野吉長公御代記 28〕。
1733年 享保 18 癸丑
1- 2 広島城下火災,町家 220 軒焼失〔吉長公御代記〕。・・220 軒

享保17年 : 享保の大飢饉は浅野藩と黒田藩が深刻で
徳川吉宗とき 冷夏と虫害
1732/1/27 享保17年 7月  享保(壬子)みずのえね、じんし

享保15年(1730)徳川継友(尾張藩主 享年39)・・・要注意(真清田神社)
ここは ユダヤの秘数字文字が 三個確定している 
山王と繋がった尾張藩に・・・何かあったか

広島城中や城下に被害を与えた洪水は 66 回を数え、
なかでも承応2年 1653年8月の洪水では、・・浅野光晟1632-1672
城下の各所で堤防が決壊し橋は全て流失しました。
侍屋敷はじめ城内三の丸まで浸水し、
死者は 5000 余人と記されています。・・・
西原(今のアストラムライン近く)を流れていた
太田川の水路も今のよう(東の山沿い)に変わった

浅野長晟1619-1632(1632年)9月3日、広島で死去。享年47(満46歳没)
浅野光晟1632-1672(1693年)4月23日に死去。享年77。
浅野綱晟1672-1673 (1673年)正月2日に江戸藩邸にて疱瘡で死去。享年37。
浅野綱長1673-1708 (1708年)2月11日に広島で病死。享年50。
・浅野吉長1708-1752(1752年)に広島で死去。享年72。
浅野宗恒1752-1763(1787年)11月24日、広島で死去した。享年71。
浅野重晟1763-1799
浅野斉賢1799-1830
浅野斉粛1831-1858
11代浅野慶熾1858
浅野茂長(長訓)1858-1869
浅野茂勲(長勲)1869-1871

前田綱紀の
側室:慈雲院(津田一友女)の
次女:節姫(1680年 - 1730年)
◎人物・逸話
正室の節姫は、加賀藩主・前田吉徳の姉で、
吉長よりも年長者(いわゆる姉さん女房)で気も強かった。
しかも、嫡男の宗恒が彼女との間に生まれていたため、
吉長は側室を持つことも許されず、
意見もできなかった。
しかし、吉長も40歳を過ぎると次第に若い女性を望むようになり、
あるときにお忍びで吉原に行って、
気に入った遊女2人を愛妾にしようとした。
これを知った節姫は、吉長への抗議のために切腹して諫めたという。
吉長はこれに驚いて愛妾2人を遠ざけ、
節姫(51歳)を厚く弔い、・・・女神は誰だろう
吉徳と相談の上で幕府に対しては
節姫は急病死と届け出て改易・減封を免れたという。
浅野吉長は、豊臣秀吉正妻(北政所)高台院の妹である長生院の子孫であり、
また祖母(九条道房女)を通じて秀吉の姉日秀尼の子孫である。
つまり、秀吉と高台院の傍系の血統である。
また吉長は、徳川家康と前田利家の血統も受け継いでいる
(母の貴姫が尾張藩2代藩主徳川光友の娘、
曾祖母の満姫が前田利常の娘で前田利家の孫かつ徳川秀忠の外孫、
曽祖父浅野光晟が徳川家康の外孫)。
特に家康の血は3つの流れを受け継いでいる。・・・驚愕
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-5794.html

ここも驚愕
安藝御前様のお局つぼね 
享保15年(1730)、父の綱紀七回忌が行われた。・・・ここで
同年9月29日、節姫は51歳で逝去した・・・929 15 137 15 完璧
(法名、源光院正台恵覚大姉)

羽咋神社前の本念寺・・・寺にラインができる
桜井基延文書には
羽咋神社 36.897200, 136.779590
〒925-0033 石川県羽咋市エ164ー2
羽咋神社から鹿島神宮
359.73 km(223.52 マイル)鹿島神宮35.968747, 140.631551
〒314-0031 茨城県鹿嶋市大字宮中2306−1
羽咋神社から美談神社
394.03 km(244.84 マイル)美談神社35.411025, 132.794964
〒691-0013 島根県出雲市美談町182

山王から本念寺から道入口
476.66 km(296.19 マイル)道入口36.897349, 136.781219
〒925-0033 石川県羽咋市川原町エ171−6・・・ここで確定
山王34.444321, 132.452719

厳島神社の玉殿から本念寺から道入口
496.29 km(308.38 マイル)玉殿34.295823, 132.319957
〒739-0588 広島県廿日市市宮島町1−1

剣塚36.896019, 136.783197
羽咋神社 境外末社の八幡神社の旧鎮座地で、
石衝別命の屋敷跡または羽咋神社の元宮と伝える。
祭神 石衝別命(いわつくわけのみこと)ネルガル鹿島神

   石衝毘売命:第14代仲哀天皇の母

剣塚から香取神宮
353.51 km(219.66 マイル)
353.53 km(219.67 マイル)35.886308, 140.528685
〒287-0017 千葉県香取市香取1697−1 香取神宮

浅野氏の墓所は神田山墓地と新庄山墓地   不明
香取神宮から白神社
752.39 km(467.52 マイル)白神社
〒730-0037 広島県広島市中区中町7・・・1730年
751.17 km(466.76 マイル)山王34.444336, 132.452762


八剣神社 34.409236, 132.467352
〒730-0003 広島県広島市中区白島九軒町26
白島の八剣神社は、京橋右岸の堤防が度々切れるので、
人柱の代わりに福島正則が秘蔵の名剣八振を
埋めて修築したことによると伝えられています。
山王から八剣神社  円周率確定
4.13 km(2.56 マイル)

八剣神社から熱田神宮から門  34 69注連縄確定
413.51 km(256.95 マイル)門35.126653, 136.908691
413.33 km(256.83 マイル)八劍宮35.123816, 136.908243+宮
413.32 km(256.83 マイル) 救世主シロ
熱田神宮の別宮の八劍宮


wiki/徳川継友 第6代尾張藩主・・・弓の長で尾・・饒速日の事
生誕 元禄5年2月8日(1692年3月25日)
死没 享保15年11月27日(1731年1月5日)
別名 八三郎(幼名)
戒名 晃禪院殿博譽忍慈源曜大居士

吉通が薨去し、第7代将軍・家継が危篤に陥ると、
将軍候補は紀州徳川吉宗と、
尾張徳川継友の2人に絞られた。
継友は吉通と同じく、将軍家に最も近い血筋であった。
しかも、関白太政大臣・近衛家煕の次女である安己姫と婚約していた。
安己は大奥の実力者・天英院(近衛熙子)の姪であり、
姉近衛尚子は、中御門天皇の女御になることが決まっていた。
間部はじめ家継の幕閣たちは、
継友に従四位下・左近衛権少将・大隅守という官位を与えており、
継友は大奥からも幕閣からも、
そして朝廷からも推されているように見られた。
ところが、天英院は・・・・ここがポイントの機微
姪が嫁ごうとしている尾張家の継友ではなく、
紀州家の吉宗を指名し、
第8代将軍は吉宗になった。
このとき、尾張の附家老であった成瀬正幸と
竹腰正武など尾張の重臣たちは、
「尾張は将軍位を争うべからず」に基づいて、
積極的に継友の将軍位就任運動をしていなかった。

このため、霊元法皇は基熙を呪詛する願文を上御霊神社に納め、
皇室の影響力を高めるために
皇女八十宮吉子内親王を家継の御台所にしようと奔走するようになる
wiki/近衛熙子・天英院(てんえいいん)
日蓮正宗総本山大石寺の山門(三門)を寄進した。・・・日蓮
また、浄土宗明顕山祐天寺に鐘楼を寄進した。
墓も 怪しいことに・・・大石寺にもある・・・その謎は
徳川幕府六代将軍家宣の正室・天英院の正墓は
浄土宗大本山・東京芝・増上寺にある

徳川家宣胞衣塚35.719901, 139.760289根津神社
〒113-0031 東京都文京区根津1丁目28
祭神 須佐之男命
   大山咋命
   誉田別命
相殿 大国主命
   菅原道真公
古くは「根津権現」とも称された
宝永2年(1705年)江戸幕府第5代将軍徳川綱吉が
兄綱重の子・綱豊(甲府藩主。のちの第6代将軍・家宣)を養嗣子に定めた。
綱豊が江戸城に移ると、当社が家宣の産土神とされていた


文昭院宝塔 家宣に合葬する
〒105-0011 東京都港区芝公園4丁目7−35
天英院(家宣夫人)宝塔(石造)はなし

文昭院宝塔から大山祇神社
633.96 km(393.93 マイル)大山祇神社34.247838, 133.006067+宮
文昭院宝塔35.657911, 139.747486

文昭院宝塔から三島大社
95.86 km(59.56 マイル)三島大社35.122554, 138.918781+宮

文昭院宝塔から長浜神社
640.49 km(397.99 マイル)長浜神社35.345937, 132.680879
316.81 km(196.86 マイル)多賀大社35.225630, 136.291141
〒693-0041 島根県出雲市西園町4258
〒522-0341 滋賀県犬上郡多賀町大字多賀604

ニンマー瀬織津姫と男神のアヌ王とエンリルとエンキたち
一婦多夫の話・・・・・瀬織津姫は強い

文昭院宝塔から多賀大社から道入口
316.93 km(196.93 マイル)道入口35.224220, 136.290808

文昭院宝塔から岩木山神社の白雲大龍神社
554.45 km(344.52 マイル)白雲大龍神社40.622375, 140.340674
554.46 km(344.53 マイル)
554.43 km(344.50 マイル)岩木山神社40.622116, 140.340372
663.31 km(412.16 マイル)下北半島の弁天島の弁天

徳川家宣胞衣塚35.719901, 139.760289根津神社
〒113-0031 東京都文京区根津1丁目28
祭神 須佐之男命
   大山咋命
   誉田別命
相殿 大国主命
   菅原道真公
古くは「根津権現」とも称された
宝永2年(1705年)江戸幕府第5代将軍徳川綱吉が
兄綱重の子・綱豊(甲府藩主。のちの第6代将軍・家宣)を養嗣子に定めた。
綱豊が江戸城に移ると、当社が家宣の産土神とされていた

熱田神宮に・・・・
享保15年11月27日(1731年1月5日)に後継者がいないまま
麻疹のため死去した。
享年39。異母弟の松平主計頭通春(後の徳川宗春)が跡を継いだ。

徳川宗春
享保17年は
陰陽五行では、十干の壬は陽の水、十二支の子は陽の水で・・長雨

元文4年(1739年)正月13日、
尾張藩主であった従兄の宗春が
将軍・徳川吉宗によって強制的に隠居させられる・・・◎


第114代  中御門天皇なかみかど・・・114
1709年7月27日 - 1735年4月13日
宝永6年6月21日 - 享保20年3月21日
陵所 月輪陵
大喪儀 1737年6月6日(元文2年5月8日)

宝永4年11月23日徳川吉宗(太陽暦では、1707年12月16日)
午前10時ころ、富士山は南東斜面より大噴火した。

平安時代に発生した
「延暦の大噴火(800年 - 802年)」桓武天皇
「貞観の大噴火(864年 - 866年)」清和天皇

山王から月輪陵
309.99 km(192.62 マイル)西の端仁孝天皇墓所34.977117, 135.781743
310.03 km(192.64 マイル)東の端
310.11 km(192.69 マイル)孝明天皇陵 34.977508, 135.783008
後月輪東山陵
〒605-0957 京都府京都市東山区今熊野泉山町 泉涌寺内
〒605-0977 京都府京都市東山区泉涌寺山内町27仁孝天皇墓所

解説者
霊明殿の東に鎮まる陵墓は
月輪陵(つきのわのみさぎ)・後の月輪陵と呼ばれる。
四条天皇をはじめ後水尾天皇から仁孝天皇までの25陵、5灰塚、9墓
が営まれている。
ここに鎮まるかたがたの御葬儀は泉山長老が御導師をお勤め申しあげ、
御陵もすべて仏式の御石塔でお祀りされている。
また月輪陵の背後の山腹には、
南に第121代孝明天皇の後月輪東山陵、
北に英照皇太后の後月輪東北陵が築かれている。

月輪陵および後月輪陵は古くから皇室の香華院(菩提所)として知られ、
御寺と呼ばれていた泉涌寺の山内に営まれている天皇家の歴代陵墓である。
この月輪陵には仁知3(1242)年に
第87代・四条天皇の陵が営まれたのを初めとして、
江戸時代の第108代・御水尾天皇から
第120代・仁孝天皇に至るまでの天皇・皇后・親王などの
二十五陵、五灰塚、九墓が営まれている天皇家最大の陵墓である。

祭服には北斗七星や織女(織女三星)がデザインされている。
しかし、孝明天皇の礼服には、
背中の中央上部に北斗七星(妙見)が置かれているが、
織女(月女神ニンガル)は置かれていない。

第122代 明治天皇・・・月明るいが治める天皇 122終わりの意味

第22代 清寧天皇  五年間だけ
清寧天皇元年1月15日 - 同5年1月16日
480年庚申 481年 482年 483年 484年甲子・・・次が485
雄略天皇の第三皇子。
母は、葛城韓媛(かつらぎのからひめ)。
后妃なし、従って皇子女もなし。
和風諡号 白髪武広国押稚日本根子天皇・・ここ
諱 白髪
別称 白髪大倭根子命  白人
跡名は「白髪山古墳」で、34.548985, 135.600625
墳丘長112メートルの前方後円墳  縮小版が八雷古墳・・・ここ
〒583-0861 大阪府羽曳野市西浦6丁目2

ボスニアのピラミッドから白髪山古墳の鳥居
9,236.02 km(5,738.99 マイル)鳥居34.548644, 135.599575
9,236.03 km(5,739.00 マイル)古墳34.548812, 135.600111
〒583-0861 大阪府羽曳野市西浦6丁目2−8鳥居・・・確定

白髪山古墳から八雷古墳・・・・絶対零度の意味は
439.34 km(273.00 マイル)八雷神社33.720675, 130.932781
〒824-0058 福岡県行橋市大字長木758
観音山(標高232m)から東に伸びた長木地区の丘陵の上に、
日本神話に現れる八柱の雷神を祀った八雷神社が鎮座。・・・・ここ

ボスニアのピラミッドから八雷神社の古墳
9,022.79 km(5,606.50 マイル)古墳33.720692, 130.932638

クフ王ピラミッドからボスニアのピラミッド  確定
1,930.71 km(1,199.69 マイル)
ボスニアのピラミッド43.977204, 18.176516  アース写真角度で狂う
正確な頂上の座標が必要で  137確定になっていた
139 137 137
ボスニアのピラミッドからギョベクリテペの遺跡  確定
1,898.99 km(1,179.98 マイル)
ギョベクリテペの遺跡 37.223183, 38.922442
ボスニアのピラミッドから厳島神社の玉殿
9,060.60 km(5,630.00 マイル)玉殿34.295832, 132.320033
9,060.60 km(5,629.99 マイル)
〒739-0588 広島県廿日市市宮島町1−1  六人の王がいるのだから

ボスニアのピラミッドからコキノ天文台
360.94 km(224.28 マイル)
360.93 km(224.27 マイル)
コキノ天文台42.263038, 21.953720
village Kokino, 1303, 北マケドニア
西北西33度  確定

コキノ天文台
金山巨石群

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント