豊岡姫命の忌庭

729 豊岡姫命の忌庭





雷 神鳴り
それに対して雷に際して起こる光は稲妻であり
大和言葉「かみなり」の語源は、
昔、雷は神が鳴らすもの、
と信じられていて「神鳴り」と呼ばれた。
田は惑星ニビルの紋章

雪隠詰(め)(せっちんづめ)とは。
意味や解説、類語。
1 将棋で相手の王将を、
盤の隅に追い込んで詰めること。
2 逃げ場のない所へ追い詰めること。

雲に隠れた 
ヨが逃げ場のない所へ
追い詰めること   ・・・詰める ヨシ吉が言う
隠れるにも ノ ツ ヨ  心 がある

大和言葉の「いなずま」もしくは「いなづま」
(歴史的仮名遣いは「いなづま」。
ただし「いなづま」は現代仮名遣いでも許容されている。)の語源は、
稲が開花し結実する旧暦(太陰暦)の夏から秋のはじめにかけて
雨に伴い雷(雷神エンリル)がよく発生し、
稲穂は雷に感光することで実る、
という信仰が生まれ、
雷を稲と関連付けて
"稲の「つま(=配偶者)ニンリル稲荷神」" と解し、
「稲妻」(いなづま)、あるいは「稲光」
(いなびかり)などと呼ぶようになったといわれている。

風神雷神エンリルの妻の
稲妻の米神ニンリルには
イナリ神INRI神・イエスの妹・イエスの代理までもして
浅草寺の観音さんニンリルと雷神エンリルで
世界一の宗教施設(浅草寺)の二天門の神であることは
誰も 知らない・・・
惑星ニビルの皇太子と妃でもある・・・
仏神の弁才天
女神の基点山 白木山の女神
豊宇賀能売命は、丹後国の比治山の頂の真井に降った八人の天女の一人。

25 湖畔から見る白川湖と飯豊連峰いいでれんぽう
豊岡姫命は、『陸奥国風土記』逸文に
「白川郡。飯豊山。此の山は豊岡姫命の忌庭(ゆにわ)なり」とあり
白川温泉 白川荘. 雄壮な飯豊山と最上川源流の一つ清流白川
山形県西置賜郡飯豊町 白川湖37.928879, 139.905043
〒969-4108 福島県喜多方市山都町一ノ木
飯豊山37.854837, 139.707104

飯豊山から山王
753.35 km(468.11 マイル)
753.36 km(468.12 マイル)
753.37 km(468.12 マイル)

飯豊山神社麓宮37.720840, 139.779076
〒969-4108 福島県喜多方市山都町一ノ木中在家乙1761
飯豊山神社奥宮 37.853590, 139.713825 四王子にある奥宮
飯豊山南峰山頂2,102m 鳥居37.853516, 139.713932
〒969-4108 福島県喜多方市山都町一ノ木
飯豊山神社(飯豊山権現)37.503124, 139.865282隣 観音堂
〒965-0111 福島県会津若松市北会津町下荒井59

山王から飯豊山神社奥宮から鳥居
753.83 km(468.41 マイル)
山王34.444323, 132.452719
飯豊山神社奥宮から白木山神社  3m誤差 白木山ならピッタリ
739.73 km(459.65 マイル)白木山神社34.521281, 132.575446
白木町 安佐北区 広島市 広島県 739-1521

山王から白木山神社
14.13 km(8.78 マイル)山王34.444321, 132.452722
14.14 km(8.78 マイル)白木山34.521289, 132.575499

富士山の南麓の若櫻神社から555.46km
山頂のグーグルアースはズレルから 
あまり 信用せず

白木山神社から福王寺厳島神社
7.81 km(4.85 マイル)厳島神社34.542945, 132.494388
兄が瀬織津姫ニンマーと夫婦に・・・
その後 兄と夫婦になる妹・・・

福王寺厳島神社から飯豊山神社奥宮から鳥居
744.79 km(462.79 マイル)鳥居37.853490, 139.713944
飯豊山神社奥宮の印のズレは大きいな

飯豊山神社奥宮から宗像大社
941.51 km(585.03 マイル)宗像大社33.831052, 130.514381
だから
山王から白木山
14.14 km(8.78 マイル)白木山34.521289, 132.575499
母・瀬織津姫ニンマーと娘・観音ニンリル

飯豊山神社奥宮から浅草寺
237.93 km(147.84 マイル)浅草寺35.714843, 139.796761
〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目3 浅草寺
237.92 km(147.84 マイル)浅草神社35.714950, 139.797418
   ここの漁師は  大臼 小臼の 双子の息子
〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目3・・・ここで復活

浅草神社
三社権現(さんじゃごんげん)、三社様(さんじゃさま)。
祭神 土師真中知命・・・埴安姫(土師)ニンマー瀬織津姫の系ニンリル本人
   檜前浜成命・・大臼(猿投神社)
   檜前武成命・・小臼(日本武尊)

社伝によれば、
推古天皇36年(628年)3月18日、・・・ここ
漁師の檜前浜成・檜前竹成の兄弟が宮戸川(現在の隅田川)で
漁をしていたところ、
網に同じ人形の像が繰り返し掛かった。
兄弟がこの地域で物知りだった土師真中知に相談した所、
これは聖観音菩薩像であると教えられ、
二人は毎日観音像に祈念するようになった。
その後、土師真中知は剃髪して僧となり、自宅を寺とした。
これが浅草寺の始まりである。
土師真中知の没後、
真中知の子の夢に観音菩薩が現れ、
そのお告げに従って真中知・浜成・竹成を神として祀ったのが
当社の起源であるとしている。

道入口から率土神社から浅草神社
35.68 km(22.17 マイル)上の道入口35.426341, 139.968974
35.78 km(22.23 マイル)中の道入口35.425564, 139.968605
35.88 km(22.29 マイル)下の道入口35.424631, 139.968457
率土神社35.426756, 139.969133 埴安姫ニンマー瀬織津姫
〒299-0257 千葉県袖ケ浦市神納3008−2 県道143号道入口
埴安姫はインドから家族連れで 帰還した
時系列は 身一つで飛ぶことが  
できる超人たち  
彼らに時系列はない 
一万年も百万年も 同じ

今 これが できるのも
彼らの お陰で


開創
飯豊山地は、「山容飯を豊かに盛るが如き」と表現され、
これが飯豊の語源になっている。
飯豊山神社は、652年(白雉3年)、・・・
中国から渡来した僧知道と・・ニンリルの子なのか
修験道の開祖役小角(ニンリルの子)が飯豊山頂に登り、・・ここで確定
この山を飯豊と名付け、さらに飯豊山地を
5神の王子に見立てて、一王子、二王子、三王子、四王子、五王子を
飯豊山地の祭神として祭ったのが起源とされる。
なお、上記の説のほかに、
高僧である徳一、空海、行基に起源を求める説や永保年間(1081年 - 1084年)、
後に山伏になった南海、
知影の2人の猟師によって開かれたとの説もある

5神の王子は  どれだろうか

解説者
また、大年神と香用比売
が婚姻して以下の二人の御子神が生まれた。
大香山戸臣神カグヤマトミ、御年神。

葛木御歳神社(奈良県御所市)が
全国の御歳神(御年神)を祭る神社の総本社とされる。
弥彦神社 祭神 天香山命
「天香語山命」とも表記。
地名から「伊夜日古大神(伊夜比古大神、伊夜彦大神)」などとも称される。
『古事記』に「高倉下」として登場する
尾張国造家の祖神である天香山命(高倉下たかくらじ)
天香山命と妃神熟穂屋姫命の弥彦山頂神廟

熱田神宮の境外摂社式内社
高座結御子神社 高倉下命
『続日本後紀』では
・日割御子神社(天忍穗耳尊)
・孫若御子神社(天火明命)
(いずれも熱田神宮境内摂)
とともに高座結御子神が「熱田大神ニンマーの御児神」であると明記

『古事記』によると、
大年神と神活須毘神の娘・伊怒比売
が婚姻して
以下の五人の御子神が生まれた。
大国御魂神、韓神、曽富理神、白日神、聖神。

また、大年神と天知迦流美豆比売神
が婚姻して
以下の十人の御子神が生まれた。
奥津日子神、奥津比売命(大戸比売神)、
大山咋神(山末之大主神・鳴鏑神)、・・・松尾大社
庭津日神、阿須波神、波比岐神、
香山戸臣神、羽山戸神、庭高津日神、
大土神(土之御祖神)。
これらの神々は、竃や屋敷、庭、農地など、
農業生活(稲作)のための神々だと思う。

日吉大社 境内 新物忌神社 35.073455, 135.864843 ニンリル
滋賀県大津市坂本5-1-1
祭神  天知迦流美豆比売神

新物忌神社から宗像大社
509.60 km(316.65 マイル)宗像大社
223.32 km(138.77 マイル)唐王神社35.479003, 133.455318
223.33 km(138.77 マイル)
〒689-3333 鳥取県西伯郡大山町唐王725
新物忌神社から下北半島の弁天島の弁天

外宮の豊受大御神:とようけのおおみかみ  であり
宗像大社 辺津宮 市杵嶋姫神であり宗像三女神
福岡県宗像市田島2331 梶紋には、諏訪の紋と同じ
宮島の厳島神社の主祭神
    市杵島姫命(厳島姫) 田心姫命 湍津姫命
松尾大社の祭神 中津島姫命:なかつしまひめのみこと
狭依毘売命:さよりびめのみこと

天皇の妃 皇后になっている・・・・慈悲の神である
二面神の私には 1414の


宇迦之御魂神うかのみたまのかみ
別名
稲荷神/稲荷大神:いなりのかみ/いなりおおかみ
宇迦之御玉神:うかのみたまのかみ
豊岡姫命:とよおかひめのみこと
登由宇気神:とゆけのかみ/とようけのかみ
宇賀能美多麻:うかのみたま
宇賀神:うかのかみ/うがじん
若宇迦乃売命:わかうかのめのみこと
倉稲魂命:うかのみたまのみこと
稲倉魂命:いなくらたまのみこと
保食神などの食物神・稲霊神と同神である






自然現象の漢字は 
奥が深く
真理に基づいている
過去の偉人に感謝
申し上げる・・・ありがとう

ω星団  ニンフルサグ(瀬織津姫ニンマー)の紋章 Ωオメガ
ケンタウルス座にある大型の球状星団である。
肉眼で見ることができる数少ない球状星団のうちでも
最大級のものとされている。

ω星団は地球から17,000光年の距離にある。
1000万個もの恒星の集団で、
中心の星は互いに0.1光年ほどしか
離れていない超高密度の球状星団であると考えられている。
また、他の球状星団とは違って、
人工的に星生成が行われている。
仮符号・別名 NGC 5139、Caldwell 80、Mel 118
星座 ケンタウルス座
視等級 (V) 5.33
視直径 23.0'
年齢が100億年を超える
1.153 × 10^10歳

http://www.mitsubishielectric.co.jp/dspace/column/cw17.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

観察者
2019年12月18日 21:23
雷…稲…インリ…イナリ、エンリル! 雷を象徴するシンボルが、少ないと思っていたんですが、そこにありましたか!雷門も!話は変わりますが、聖書外典にカインは、主の息子とあるそうです。主とは、エンキの事…YAPEですね… 一つ疑問に思うのは、ゴルゴダでの神芝居の裏方はエンキでは、ないでしょうか?イエスとエンキは魚で繋がりますし、死んだはずのイエスが青森に来ている…恐らく、再臨のイエスと称して、エンキか、アヌがやってくる様に仕向けていたのかも知れませんね。エフライム=エンリル ユダ=エンキ…旧約聖書の神が多重人格なのは、預言者に降りた者が違うのでしょう。出口王仁三郎…出口直に憑依した者が、死の天使サマエル、ネルガルだと確認出来ました。何なんでしょうね…エロヒムの神々が人間を巻き込んで覇権争いしているのは間違いないです。ユダとエフライムの接ぎ木とは、ドウジムとイナンナが象徴するように、結局なされなかったのか?貴方の理論には驚かされてばかりです。ヤハウェ神エロヒム達の神が怒るのも当然の事だと思います。追伸、私がカバラを知るものしか見ないと前、コメントしたとたんに、次の記事に、ナイスが増えていました。恐らく、八咫烏なる者が見てますよ(笑)