シュメール神話の経津主

682 シュメール神話の経津主 エレシュキガル (Ereshkigal) は、 メソポタミア神話に登場する冥界の女神。 名前はアッカド語で「冥界の女王」を意味し、 「日没するところの女王」とも称される・・日御碕神社(日沈宮) 冥界神の祭儀の中心地である 「クター(英語版) (Cuthah)」を主な信仰地とし、 …
コメント:0

続きを読むread more