尾留大明神

577 尾留大明神



記紀では これらが
隠されていたこと
知恵の輪だね・・経緯から考察した
エイリアンたちは 地球上に
歴史を解説している
ユダヤの秘数字文字のできる方は
もう 狂わんばかりだろう

日本は惑星ニビルの国
太宰府の観世音寺の像
あのエロヒムの国だから
あの時は あの国は
消されるかと
危なかった


神武天皇の東征は 
吉備の国と出雲の国(邪馬台国)の征服だった
八岐大蛇として 切られたのは 
八咫烏・猿田彦・蛭子神・猿神
フェニキアの神バアルである
切ったのは猿田彦と経津主の子・素戔嗚
エンリル系大年を征服したのは 
エンキ高木神
娘ニンガル月女神の子・別雷神ネルガル鹿島神
7人の娘を喰ったのは 
7人の娘の娘の父親でニンガルの夫の猿田彦
二代天皇である・・・ギリシャ神話に ウラノスそっくり

明星山イナンナはアフロディーテ金星とよばれる
明星山36.941441, 137.822321   1188.5m
558.65 km(347.13 マイル)山王
558.58 km(347.09 マイル)

河邊神社35.266272, 132.900976 イナンナと息子
〒699-1331 島根県雲南市木次町上熊谷1462−1
明星山から河邊神社から鳥居か白南天
479.69 km(298.06 マイル)鳥居
479.68 km(298.06 マイル)白南天35.265803, 132.901118
河邊神社から山王
100.13 km(62.22 マイル)山王34.444322, 132.452724
道入口から河邊神社から山王
100.20 km(62.26 マイル)

地理院地図明星山36.940926,137.821854
福来ヶ口鍾乳洞 福来ヶ口早春36.990210, 137.804601

所々に竪穴の洞窟が口を開いています。女神の産まれた・・・
日本一深い白蓮洞(513m)を始め千里洞(405m)・奴奈川洞(345m)
・銀鳳洞(333m)は日本最深の洞窟が4個もありのます。
カルスト地形と言われるポノールを始めドリーネ
・カレン・ウバーレなど各所に見られるのがこの地帯です
冷風が穴から吹いている

〒949-0303 新潟県糸魚川市大字田海
黒姫山36.976591,137.790129  
宮36.976685, 137.790059  アースの誤差が無かった

黒姫山神社から下北半島の弁天島の弁天から一の鳥居
575.47 km(357.58 マイル)一の鳥居41.553179, 140.911739

尾留大明神旧社地35.331839, 132.876615
尾留大明神旧社地から西宮神社第一殿
233.42 km(145.04 マイル)第一殿34.735921, 135.334694
〒662-0974 兵庫県西宮市社家町1 西宮神社
尾留大明神旧社地から多賀大社の夷神社
309.98 km(192.61 マイル)式内日向神社   瓊瓊杵尊
309.99 km(192.62 マイル)神明両宮
310.01 km(192.63 マイル)夷神社
〒522-0341 滋賀県犬上郡多賀町大字多賀604

山田神社35.241375, 136.285650 
〒522-0025 滋賀県彦根市野田山町
    猿田彦大神

櫛御方命(鴨主命)
『古事記』によると、
大物主神(冥界の大年  )は
陶津耳命(エンキ)の娘・活玉依毘売(ニンガル八上姫)と結婚して、
櫛御方命をもうけられた。
この櫛御方命の子が飯肩巣見命。、
その子が建甕槌命(鹿島神宮祭神の建甕槌命とは別神)。
その子が意富多多泥古、
『日本書紀』では大田田根子である。

美保関の美保神社
祭神 事代主神
   三穗津姫命
美保神社は事代主の神社で、
事代主神系列の「えびす様」の総本宮だ。
「えびす様」には、他に蛭子神系列の西宮神社がある。
当社は、同風土記記載の美保の社である。
だが、当社では御穂須須美命ではなく 
      三穗津姫命を祀る。

母 ニンマー瀬織津姫・黒媛命・黒龍大神35.427249, 136.770160
娘 エレシュキガル経津主・磐長姫・・・父エンリル
娘 ニンガル玉依姫・月女神・・・父エンキ

◎黒龍大神から下北半島の弁天島の弁天
770.47 km(478.74 マイル)弁天41.553607, 140.911711+宮
美濃國三之宮 伊奈波神社の黒龍大神35.427238, 136.770155
〒500-8043 岐阜県岐阜市伊奈波通1丁目
   黒龍大神(ニンマー)の処に伊奈波神社(エンキ)がくる
75の前74
358天使 458魔王か

◎黒龍大神から尾留大明神旧社地
353.13 km(219.42 マイル)旧社地35.331839, 132.876615
〒699-1122 島根県雲南市加茂町三代522

◎尾留大明神旧社地から白髭神社
284.51 km(176.79 マイル)白髭神社35.274518, 136.011048
284.52 km(176.79 マイル)魔王 八岐大蛇 猿田彦
  魔王の22囲み  泣く泣く母瀬織津姫 中山神社の猿神
  光前寺の老ヒヒ退治の霊犬・早太郎は ヨシオ山の菩提寺
  老狒々ヒヒはイナンナの父


◎尾留大明神旧社地から吉備津神社の宇賀神社
115.17 km(71.57 マイル)宇賀神社34.670223, 133.849510
  娘を喰っていた  中山神社の猿神

◎尾留大明神旧社地から吉備津彦神社の鯉喰神社から鳥居
115.83 km(71.97 マイル)鳥居34.677507, 133.865307
115.84 km(71.98 マイル)橋34.677553, 133.865391
◎尾留大明神旧社地から中山茶臼山古墳
115.83 km(71.97 マイル)鳥居34.666250, 133.854796
〒701-1212 岡山県岡山市北区尾上

◎尾留大明神旧社地から鯉喰神社
113.32 km(70.41 マイル)鯉喰神社34.667391, 133.819865
〒701-0105 岡山県倉敷市矢部109

◎尾留大明神旧社地から白山神社の米神から道入口
117.47 km(72.99 マイル)道入口34.685461, 133.896454
〒701-1201 岡山県岡山市北区首部236 米神(温羅の首塚)

◎尾留大明神旧社地から見付天神 矢奈比賣神社の山神社
459.01 km(285.22 マイル)山神社34.729097, 137.864367
〒438-0086 静岡県磐田市見付1114−2
祭神 矢奈比賣大神 ニンマー瀬織津姫
   相殿 菅原大神  雷神エンリル
合祀 愛宕神社 火之迦具土神
   住吉神社 表筒男神 中筒男神 底筒男神の・・猿田彦
境内社には住吉神社、
    ・氷室神社・・・スサノオ
    ・山神社・・・魔物の娘喰いの老狒々ヒヒ・二代天皇

◎尾留大明神旧社地から矢奈比賣神社の山神社から鳥居・・決まり
459.17 km(285.32 マイル)鳥居34.727949, 137.863546
〒438-0086 静岡県磐田市見付1139鳥居

◎矢奈比賣神社から下北半島の弁天島の弁天から一の鳥居
804.09 km(499.64 マイル)

◎矢奈比賣神社の山神社から中山神社の猿神社・・・決まり
355.36 km(220.81 マイル)猿神社35.100544, 133.993095
355.35 km(220.81 マイル)
〒708-0815 岡山県津山市一宮 美作國一宮 中山神社
祭神 鏡作神  ・・鍛冶屋
  相殿 天糠戸神 石凝姥神
『延喜式頭注』大己貴命 猿田彦
『作陽誌』吉備武彦命 ネルガル鹿島神・神武天皇
『大日本史』『神祇志料』吉備津彦命イシュクル猿田彦

社殿左の惣神殿は、・・美作の古社諸神を祀る
往古、120社あった境内社が
尼子の美作攻略で焼失し、・・・尼子姫
その神々を祀ったもの。
その奥に、国司神社、
階段上に御崎神社がある。
猿神社 - 祭神:猿多彦神。本殿裏に鎮座。
『今昔物語集』等の記述はこの猿神社に由来するものと伝える。
昔、中山の猿神に、娘の生贄を捧げていたが、
ある猟師が、犬をけしかけ、この猿を殺してしまった。

ギリシャ神話では 生まれてくる子を飲み込んでしまうウラノス
人を喰う 地底人の一つ目キュクロプスは鍛冶屋

吉備は征服されて 替えられたが 祟られた
吉備津神社(中山の西)34.670613, 133.850649
祭神 大吉備津彦命・・猿田彦イシュクル
吉備津彦神社(中山の東)
祭神  多数
   大吉備津日子命

◎隋神門前から吉備津彦神社(中山の東)から鹿島神宮
630.59 km(391.83 マイル)隋神門前34.677074, 133.864478

吉備津神社(中山の西 +本殿)から猿田彦神社から道入口
263.82 km(163.93 マイル)道入口34.466492, 136.720447
猿田彦神社34.467116, 136.720519
吉備津神社(中山の西 +本殿)から宇治山田神社・那自賣神社
264.46 km(164.33 マイル)34.468905, 136.728448
〒516-0028 三重県伊勢市中村町918

吉備津神社(中山の西 +本殿)から内宮の子安神社
264.26 km(164.20 マイル)子安神社34.458361, 136.724955
〒516-0023 三重県伊勢市宇治館町
となりが 母の瀬織津姫ニンマー 大山祇神社

南の えびす宮34.670139, 133.850539 本名
廊下入口からえびす宮から西宮神社第一殿
135.89 km(84.44 マイル)廊下入口34.670162, 133.850320
西宮神社第一殿34.735933, 135.334699

吉備津神社本殿+本殿から多賀大社の夷神社
230.69 km(143.34 マイル)本殿34.670628, 133.850634+宮
230.66 km(143.33 マイル)本殿玄関
夷神社35.225630, 136.289384

猿田彦の星は さそり座だったはず

本殿を直接
吉備津神社本殿から椿大社本殿
239.66 km(148.92 マイル)
239.68 km(148.93 マイル)本殿34.964514, 136.451598+宮
239.69 km(148.93 マイル)
239.69 km(148.94 マイル)

吉備津神社本殿から椿大社奥宮から入道ヶ岳の鳥居  グーグルアースは傾き写真
238.32 km(148.08 マイル)鳥居34.973885, 136.433808
仏岩34.979625, 136.422832 グーグルマッブとアースは違う
◎吉備津神社本殿から仏岩の印から鳥居
238.45 km(148.17 マイル)印34.979421, 136.422361
椿大社奥宮 標高906.1m、 34.975817, 136.431638
祭神:猿田彦大神イシュクル
   天照大神エレシュキガル経津主
   瓊瓊杵尊 大年の子・大山咋神ナンナル月読神

椿大社の主祭神
猿田彦大神イシュクル
相殿 瓊瓊杵尊・大山咋神
栲幡千千姫命 - 瓊瓊杵尊の母神ならニンリル
配祀は姉妹(姉・磐長姫と妹・木花咲耶姫命)の妻
天之鈿女命 - 猿田彦大神の妻神・経津主エレシュキガル・磐長姫
木花咲耶姫命ニンガル玉依姫・・・瓊瓊杵尊の妻にもなる
前座 行満大明神

入道ヶ岳は修験道 
  八咫烏・猿田彦・八岐大蛇・・猿神の娘喰い
  大山咋神とニンガルその息子・別雷神ネルガル鹿島神
  ・神武天皇・・・シュメール神話では冥界王


尾留大明神旧社地35.331725, 132.876481 旧社地は東より
〒699-1122 島根県雲南市加茂町三代522
尾留大明神旧社地から氷川神社の門客人神社
613.76 km(381.38 マイル)門客人神社35.916725, 139.630157
613.77 km(381.38 マイル)
祭神:足摩乳命、手摩乳命

足長神社から椿大社
192.62 km(119.69 マイル)椿大社34.964510, 136.451596
192.63 km(119.69 マイル)
足長神社36.025235, 138.133890
〒392-0012 長野県諏訪市大字四賀普門寺5386・・シロ
日本神話では、脚摩乳命あしなづち
建御名方神の先祖の奇稲田姫の父神の名として登場する。

出雲は 背黒海蛇が神の使い・・・黒に黄色の海ヘビ

◎手長神社から椿大社  ニンガルは敵意いっぱい
193.11 km(119.99 マイル)
手長神社36.045837, 138.120997
〒392-0003 長野県諏訪市大字上諏訪茶臼山9556
日本神話では、手摩乳命てなづち
建御名方神の先祖の奇稲田姫の母神の名として登場する。

◎手長神社から中津宮から門
739.99 km(459.81 マイル)門33.897273, 130.432008
739.97 km(459.80 マイル)宮まで

◎中津宮から手長神社  完璧確定
739.97 km(459.79 マイル)本殿36.045827, 138.120972
739.77 km(459.67 マイル)一の鳥居36.044856, 138.119096
〒392-0004 長野県諏訪市諏訪2丁目11−43一の鳥居
739.76 km(459.67 マイル)道入口36.044813, 138.118986
〒392-0004 長野県諏訪市諏訪1丁目5−13道入口

手長神社から対馬の和多都美神社から連続鳥居
821.18 km(510.25 マイル)34.379070, 129.311913
連続鳥居34.379178, 129.311623
〒817-1201 長崎県対馬市豊玉町仁位55
和多都美神社の豊玉姫と玉依姫の話になっていく
豊玉姫は鰐の姿をみられ 海の龍宮に帰る 浦島太郎の話
玉依姫が

椿大社

社伝によれば、垂仁天皇27年、倭姫命に下った神託により、
猿田彦大神の墳墓の近くに「道別大神の社」として社殿が造営
別宮
別宮椿岸神社
椿岸神社 - 祭神:天之鈿女命、太玉命、天之児屋根命
奥の宮磐座(高山入道ヶ嶽山頂) -
       祭神:天照大神、瓊瓊杵尊、猿田彦大神
小岸大神社(鈴鹿市小岐須町) - 祭神:天之鈿女命、高御産巣日神
愛宕神社 (四日市市水沢野田町) - 祭神:愛宕大権現
石大神 (鈴鹿市小岐須町) - 祭神:天照大神
末社
境内末社
高山土公神御陵 - 祭神:猿田彦大神、瓊瓊杵尊、栲幡千千姫命
御船石座 - 祭神:猿田彦大神、瓊瓊杵尊、栲幡千千姫命
多度社 - 祭神:天目一箇命
護国社 - 祭神:護国の英霊
松下幸之助社 - 祭神:松下幸之助命
庚龍神社 - 祭神:金龍龍神、白龍龍神、黒龍龍神
境外末社
椿一宮神社 (鈴鹿市椿一宮町) - 祭神:猿田彦大神
神野神明社 (鈴鹿市山本町神野) - 祭神:天照大神、猿田彦大神

初めの処

天津神社
新潟県糸魚川市一の宮1-3-34
境内摂社 式内社 奴奈川神社 奴奈川姫命 八千矛神
高志峯(黒姫山)山頂に鎮座

『越後頸城郡誌稿』『越後國頸城郡延喜式内十三座神社傳記』
   では大己貴命と沼川比賣命、
『天津神社蔵 鰐口』では大己貴命のみ。
『天津神社記録』では、奴奈川彦命と奴奈川姫命。
『神社帳考證』は沼河姫命、
『越後國式内神社考證』は沼川比賣命。
『越後風土記節解』では奴奈川彦命・奴奈川姫命・ 黒媛命。

『出雲国風土記』に
「天の下造らしし大神の命、
高志の国に坐す神、
意支都久辰爲命のみ子、
俾都久辰爲命のみ子、
奴奈宜比賣命にみ娶ひまして、
産みましし神、
御穂須須美命、
是の神坐す。
故に、美保といふ。」  わからん?

多賀大社の
別宮の胡宮(このみや多賀胡宮)神社35.215355, 136.286713
〒522-0342 滋賀県犬上郡多賀町大字敏満寺49
    神体山に在る
    ・伊邪那岐命・伊邪那美命
    ・事勝国勝長狭

敏達天皇の時代には胡宮神社の境内に敏満寺も建立され、
やがて敏満寺は多賀大社の奥の院となる。
八咫烏関連の神社で烏に供物を捧げる
先喰行事と言う特殊な御鳥喰神事を行っている。

多賀大明神
お伊勢参らばお多賀へ参れ お伊勢お多賀の子でござる
エンリルとニンマー瀬織津姫  経津主エレシュキガル天照大御神
お伊勢七度 熊野へ三度 お多賀さまへは月参り
  当然だろうか  人類の祖神
/wiki/多賀大社には 実に面白い事が書かれている・・・

車戸家が古代より神職を務めており、
幕末に多賀大社大祢宜の車戸宗功が
萩藩や土佐高知藩を命がけで援助した。
後にその功績により贈從五位を賜った。
車戸一族は天皇家や公家や徳川家や彦根藩や
彦根城(赤ぞなえ 真田氏)の為にも奔走した。
元正帝の縁起  お多賀杓子
全国の多賀神社  wiki/多賀神社#全国の多賀神社
        全国に二百数十社ある

多賀大社
祭神 伊邪那岐大神 エンリル
   伊邪那美大神 ニンマー

言った場所が、栗栖という地。
そこには現在、御旅所の調宮がある。
当社には、お守りとしてしゃもじを授ける
「お多賀杓子(おたがじゃくし)」という慣わしがあるが、
これは「お玉杓子」や「オタマジャクシ」
の名の由来とされている。・・厳島神社に同じ
国産み・神産みを終えた伊弉諾尊が、
最初に生んだ淡路島の地に幽宮(かくりみや、終焉の御住居)
を構えたとあり、『古事記』真福寺本の「淡海」は
「淡路」の誤写である可能性が高い?
『古事記』以前の時代には、
一帯を支配した豪族・犬上氏(姓は君)
の祖神を祀ったとの説がある。
犬上氏は、日本武尊の子の稲依別王の後裔とされ、
飛鳥時代の遣隋使・遣唐使として知られる犬上御田鍬にはじまる。
この犬上氏は、多賀社がある「犬上郡」の名祖とされる。

沙沙貴神社35.136872, 136.134573
〒521-1351 滋賀県近江八幡市安土町常楽寺2
祭神
一座・少彦名命 - 祖神・産土神マルドック  
二座・大彦命(大毘古神) - 古代沙沙貴山君の祖神・四道将軍
三座・仁徳天皇(大鷦鷯尊) - 沙沙貴にゆかりある祭神
四座・宇多天皇・敦実親王 -
    宇多源氏・佐々木源氏・近江源氏の祖神


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント