ルンビニのアショカピラー

641 ルンビニのアショカピラー



都 扶余(プヨ)
百済の滅亡の
落花岩(ナックヮム)の娘たち3000人を
助けたが・・・・
・・・


◎釈迦山 百済寺から山王
358.66 km(222.86 マイル)百済寺35.126835, 136.291434
〒527-0144 滋賀県東近江市百済寺町323・・・ヨシオ誕生日

・ルンビニのアショカピラーから金比羅宮本宮
4,833.98 km(3,003.69 マイル)金比羅宮34.184023, 133.809412
〒766-8501 香川県仲多度郡琴平町892−1
Asoka Piller27.469661, 83.275622
Lumbini Sanskritik 32900 ネパール

・ルンビニのアショカピラーから岩木山神社から道入口(下記)
5,360.53 km(3,330.88 マイル)道入口40.619369, 140.343378
5,360.35 km(3,330.77 マイル)二の鳥居40.619989, 140.342679
ルンビニのアショカピラーから唐松山元宮
5,364.63 km(3,333.42 マイル)39.607360, 140.318566

ルンビニのアショカピラーから唐松神社から鳥居
5,365.03 km(3,333.68 マイル)唐松神社39.610265, 140.320958
鳥居39.611702, 140.322709

365日 一年の完璧確定になっている
◎ルンビニのアショカピラーから唐松山天日宮から石塔
5,365.00 km(3,333.66 マイル)石塔39.611631, 140.322569
・5,365.00 km(3,333.65 マイル)何か 39.611610, 140.322523
〒019-2411 秋田県大仙市協和境境27−1石塔
何の石塔だろうか 
アショカピラー(アショカ石塔)に対比される・・・


◎唐松神社
〒019-2411 秋田県大仙市協和境下台84・・女神とか女王
三つ柏   三つ燭台
創建は神功皇后エレシュキガル経津主・・・
唐松神社は、本来「韓服宮」という名前。
祭神 軻具突命イエス不動明王・饒速日・・・アヌ王・ニビル王
   息氣長足姫命エレシュキガル経津主(大年の母 牛飼い座神)
   豊宇氣姫命ニンリル(稲荷神 豊受大神 観音 妹)
   高皇靈命エンキ
   神皇靈命エンリル(経津主の父)
境内にある唐松山天日宮39.610518, 140.321233
   饒速日命・・・大年イエス
   玉鉾神 ・・・孝明天皇・・・・驚愕・・・・ここを追跡
   愛子神・・・瀬織津姫は


南池の島・・・玉鉾大神 39.610188, 140.321155

http://www.genbu.net/data/dewa/karamatu_title.htm
の解説者
物部文書によると、物部氏祖神である饒速日命は、
鳥見山(鳥海山)の「潮の処」に天降った。
その後、逆合川の地・日殿山(唐松岳)に「日の宮」を造営し、
大神祖神・天御祖神・地御祖神を祀ったという。
延宝8年に、藩主佐竹義処により、山頂から現在地に遷座。
今でも、唐松岳に元宮がある。
饒速日命の居住していた場所は、御倉棚と呼ばれ、
十種神宝を納めていた三倉神社のある場所。
当地で、饒速日命は住民に神祭、呪ない、医術を伝え、
後に大和へ移ったという。

饒速日命は日殿山に、
神功皇后は月出野に、
社殿を造営しており、
日月の対比が面白い。

当社祭神の軻具突命は、別名・愛子大神。
当地の物部氏の氏神である火結神のこと。・・・大年と瀬織津姫
また、当社は、「女一代守神」のお宮でもある。


佐竹義処よしずみ
生没年:1637-1703
父:出羽久保田藩二代藩主 佐竹義隆
幼名:徳寿丸
通称:次郎
1654 従四位下
1654 右京大夫
1672-1703 出羽久保田藩三代藩主
侍従
左近衛少将
正室:宝明院 鶴姫(父:出雲松江藩初代藩主 松平直政)
1671-1699 義苗
1677-1711 相馬叙胤(相馬氏へ)
側室:
側室:智清院(布施氏)
1695-1715 義格
岩(美作津山藩主 松平宣富室)
娘(筑前秋月藩三代藩主 黒田長軌室)
幻体院(出雲松江藩五代藩主 松平宣維室)

平安時代より駿河国の総社。
〒420-0868 静岡県静岡市葵区宮ヶ崎町102−1
浅間神社 神部神社 大歳御祖神社の34.982644, 138.375171
八千戈神社34.983197, 138.375397
玉鉾神社34.984072, 138.375310
祭神 神部:大己貴命
浅間:木之花咲耶姫命
大歳:大歳御祖命


唐松山天日宮の玉鉾大神 39.610188, 140.321155
から

ルンビニのアショカピラーから孝明天皇 後月輪東山陵
5,005.43 km(3,110.23 マイル)陵34.977519, 135.783015
孝明天皇 後月輪東山陵から玉鉾神社
104.04 km(64.64 マイル)34.848998, 136.913179
104.05 km(64.65 マイル)道入口34.848976, 136.913298

高千穂峰の逆鉾から玉鉾神社
646.64 km(401.80 マイル)玉鉾神社34.849088, 136.912788+宮
磐船神社34.747827, 135.693187
大阪府交野市私市9丁目19
高千穂峰の逆鉾から磐船神社から水の出口
545.94 km(339.23 マイル)水の出口34.747485, 135.694372

◎高千穂峰の逆鉾から磐船神社34.499202, 135.660844
527.32 km(327.66 マイル)磐船神社34.485108, 135.660051
〒585-0021 大阪府南河内郡河南町大字持尾

◎高千穂峰の逆鉾から磐船大神社
528.21 km(328.21 マイル)磐船大神社
〒585-0013 大阪府南河内郡河南町大字平石
◎高千穂峰の逆鉾から磐船大神社から鳥居
528.23 km(328.23 マイル)鳥居34.498893, 135.660705
〒585-0013 大阪府南河内郡河南町大字平石484
◎高千穂峰の逆鉾から
315.96 km(196.33 マイル)多家神社34.395995, 132.510455
〒735-0005 広島県安芸郡府中町宮の町3丁目1
15 96  96  133   神武天皇と饒速日

◎高千穂峰の逆鉾から真幡神社から鳥居
317.93 km(197.56 マイル)鳥居34.441639, 132.450807
黄幡神イエス 大物主・・・山本には 大年の降臨だった

◎高千穂峰の逆鉾から権現神社から道入口
317.66 km(197.39 マイル)道入口34.448402, 132.428075

明治維新のことが 述べている・・・

〒470-2357 愛知県知多郡武豊町字向陽2丁目17
玉鉾神社(愛知県武豊町)192~198 34.849115, 136.912630
 121代孝明天皇とニギハヤヒ(天若日子 大年)、
 初代アマカミ国常立尊エンキ
玉鉾神社から高皇産霊神社
111.23 km(69.11 マイル)高皇産霊神社34.453763, 135.795637

◎玉鉾神社から出雲の智伊神社から道入口 エンキ高木神
385.64 km(239.63 マイル)道入口35.334977, 132.716172
385.63 km(239.62 マイル)鳥居35.335015, 132.716171
〒693-0033 島根県出雲市知井宮町1245

◎孝明天皇 後月輪東山陵から正一位の束荷神社の北の鳥居
362.23 km(225.08 マイル)北の鳥居34.008991, 132.008871
丸金のマークは金比羅(饒速日 孝明天皇)
蒼屋権現(青 粟)  少彦名マルドツク エンキの子
◎孝明天皇 後月輪東山陵から米子の粟島神社から手水舎
232.30 km(144.34 マイル)手水舎35.444669, 133.293315

http://kaifuusoo-575.sakura.ne.jp/kiroku-24.html

暗殺の話のある36歳の若さで崩御の孝明天皇・・・確定
皇太子も 暗殺になる・・
金色の鳥居・・・驚き

玉置神代杉大神 艮(うしとら)の金神 坤の金神
艮の金神とは「鬼門に巡る祟り神」
裏鬼門に当たる坤の金神は豊雲野大神で、
クニトコタチの妻とされています。・・瀬織津姫ニンフルサグ

https://ameblo.jp/zonebalance/entry-12085958158.html

・・・ホツマツタヱへラインは飛ぶ・・・
ホツマツタヱにはどのように表現されているのでしょう。

ホツマツタヱ2あや
くにとこたちの とこよくに
やもやくたりの みこうみて
みなこのくにお をさめしむ
これくにきみの はしめなり

トコヨクニのアマカミ初代クニトコタチが誕生し、
八つの地域に御子が派遣されました。
これがクニ君(くにのみやつこ)の起こりです。

アマテルカミの祖父であるヒタカミの君トヨケ神は、
死ぬ前に臣たちにクニトコタチの言葉として伝えています。
8代アマカミ・アマテルカミは「幾世の御祖」であると。

ミクサモノ(三種神器)について書かれています。
カンヲシテ(トノヲシテ。神の教え)はクニトコタチが発布し、
ヤタカガミはアマテルカミがカンタカラに加えました。
ヤヱカキ(幾重にもわたる抑止力。ホコの力)は
オオクニタマが守ります。
崇神天皇はミクサモノが十全に守られていないとして
新たにカガミをイシコリトメの孫に、
剣をアメヒトカミの孫に造らせ新調し、
カガミはカサヌヒにてトヨスキヒメに、
オオクニタマはヤマヘノサトにてヌナギヒメに分けて祀らせます。

クニトコタチはカンヲシテによって建国した初代アマカミであり、
ホツマツタヱには多数登場しますが、
常に尊敬を持って語られるのです。
鬼門の祟り神となるような理由があるとすれば、
ホツマツタヱの時代よりは後の事なのでしょう。


玉鉾神社(愛知県武豊町)192番目。
祭神 121代孝明天皇

手水舎は「黄金の泉」。

倭日高宮(玉鉾神社境内社)192番目
祭神 饒速日命(にぎはやひのみこと)
   さくや姫 改神みろくかぐや姫命・・ニンフルサグ弥勒菩薩
金色の鳥居・・・金龍・・・

三六宮(玉鉾神社境内社)193番目。
祭神 玉置神代杉大神

幣良受天神社。194番目。
  祭神 幣良受大神 
     菅原道真公。

辯財天社。195番目。
宗像大神他。財福と美の神さまで、
龍神を使いとしていることが記されています。

御柱大神社。196番目
風の神さまのことでしょうか。エンリル風神雷神
シナトヘとしてホツマツタヱに名が出てきます。
六ハタレの争乱の際、イブキドヌシは第六のハタレ、
アメヱノミチに対してウツロヰ、シナトへ、
タツタメという自然神を招いて戦っています。
鳥居の柱の近くに北斗七星を模った玉が。・・孝明天皇の服


昇龍大明神社。197番目。

朝日稲荷社。198番目。
 出雲の朝山神社の朝日の神・経津主エレシュキガル

今も孝明天皇の内覧として
政務を補佐した九条家も参拝に訪れるのだそうです。
時代の逆風に晒され翻弄されても
意思を頑として曲げることが無かった天皇が
正式に祀られるのは平安神宮とここだけだという事です。

ニギハヤヒはホノアカリが立てたアスカ宮の最後の宮様です。
神武東征の際に投降してアスカ宮は統合され、
その子孫はモノノヘとして生き延びます。
ニギハヤヒの重臣であるナガスネヒコが
横暴な振る舞いで神武東征の呼び込んでしまった張本人です。
ですが、ナガスネヒコのヨツギフミ盗み写しがなければ、
神武はヤマトに進出せず、
ヤマト政権の樹立は成っていなかったかもしれません。
新たな時代精神を生む時に、
このような大きな抵抗勢力を必要とするのかもしれません。

孝明天皇も明治維新という新しい時代を産み出すための
「痛み」となったという点で
ニギハヤヒ&ナガスネヒコとの共通点を見出せます。

・・・驚愕・・・

この記事へのコメント