古代天文台

646 古代天文台



グーグルアースの向上で
判定が容易い

コキノ古代天文台(Ancient Observatory Kokino)
42.263054, 21.953713
village Kokino, 1303, 北マケドニア

◎133屋敷の山王から1303のコキノ古代天文台
8,940.78 km(5,555.55 マイル)
山王は三種の磐座のある石段34.444237, 132.452821
ライン角度は東北方向40度角 360-40=320   23復活

解説者たちhttp://mystery-hunter.net/?page_id=935
コキノ天文台はNASAも認めたとされる古代の巨石天文台であり、
当時の宗教的な聖地。
マケドニア共和国の北東部でセルビアとの国境近く、
標高1,010~1,030mの山頂にある90m×50m遺跡。
この遺跡で見られる特に印象的なものは
火山の噴火によってできた安山岩の玉座で、
これが東の地平線を向いています。
考古学者による分析結果からは
神聖で儀式的な場所であることがわかりましたが、
天文観測とは関係がないものとされています。

なんでもNASAが認めた4番目に古い古代天文台なんだとか。
約4,000年前、先史時代の天体観測所で、
クレーターから噴出した溶岩が風化してできた割れ目が、
太陽や月の運行を測る目的に使われたとされています。

ちなみにNASAでは
・1番目 エジプトのアブシンベル・・ラー本人
・2番目 イギリスのストーンヘンジ・・一族の印
・3番目 カンボジアのアンコールワット・・日の神誕生
・4番目 マケドニアのコキノ  133確定
・5番目 ドイツのゴセックサークル
を古代天文台としているそうです。

Goseck circle 51.198238, 11.864621
ドイツ 〒06667 ゴーゼック
Goseck circleから山王
8,868.58 km(5,510.68 マイル)
新約聖書の王 155注連縄括り
朝日の神 太陽神ラー
     経津主 天照大御神 牛飼い座神 アークトゥルス
     素戔嗚 シャマシュ シュメール神話の太陽神
     大年 饒速日 天火明命
     稲荷INRI神 観音 宇迦之御魂神 穀物神 豊受大神

山王仏壇からアンコールワット
3,705.23 km(2,302.33 マイル)塔13.412485, 103.867073
3,705.23 km(2,302.32 マイル)13.412453, 103.867208
山王仏壇34.444326, 132.452721
アンコールワットの塔の東より 
北緯線13.412453で太陽が門から塔に入る

地球の自転軸は、
公転軸に対して約23.4度傾いており、
公転面に対する角度は約66.6度である。 ・・・確定

地球の歳差運動により、
天文学上の現象として、
春分点・秋分点は黄道に沿って
少しずつ西向きに移動することになり、
これを歳差と呼ぶ。
この歳差の周期は約25,800年である。・・・確定



女神の基点山も555.46km ヨシオ山も

◎山王石段からストーンヘンジ
9,499.04 km(5,902.43 マイル)51.178851, -1.826177
    55括りなし
9,555.55 km(5,937.54 マイル)

イギリス 〒DG1 4RU ダンフリースCaerlaverock Castle
三角柱のカラヴァロック城54.975656, -3.523998  一族

山王仏壇からカラヴァロック城  救世主シロ確定
9,222.92 km(5,730.85 マイル)
9,226.00 km(5,732.77 マイル)54.980291, -3.618849
スィートハート修道院Sweetheart Abbey
アメリカに移住している・・・
Main St, New Abbey, Dumfries DG2 8BU イギリス

◎山王石段からカラヴァロック城からストーンヘンジ
9,660.06 km(6,002.49 マイル)南の岩51.178704, -1.826032
9,660.03 km(6,002.46 マイル)北の岩51.178994, -1.826263

〒731-0137 広島県広島市安佐南区山本9丁目34−9・・・34
◎133屋敷の山王石段からアブ・シンベル神殿  完璧確定
9,550.55 km(5,934.44 マイル)移設先22.336870, 31.625633
9,550.55 km(5,934.43 マイル)湖の中22.335745, 31.626723
9,555.55 km(5,937.54 マイル)可能性

湖の中から妻の柱神
9,566.96 km(5,944.63 マイル)
9,566.95 km(5,944.63 マイル)34.021949, 132.417324

過去の私である・・・ラーによって生まれた
          ラーに選ばれし者」を意味
統治期間 紀元前1290年 - 紀元前1224年、12年
   または紀元前1279年 - 紀元前1212年,第19王朝
父 セティ1世
母 トィ

年代には諸説あるが、24歳(23)で即位し、
66年間統治し、
90歳で没したとされる。・・・完璧
その間、第1王妃ネフェルタリのほか、
何人もの王妃や側室との間に、
賢者として名高いカエムワセト、
後継者となるメルエンプタハなど
111人の息子と69人の娘を設け、・・・完璧180
娘の中には父親であるラムセス2世と
親子婚を行った者もいたと伝えられる。・・優性遺伝で多数いる
ラムセス2世の武勇・・・ヘラクレス
ラムセス2世はヒッタイト王女を王妃に迎えた。
「カルナック神殿」や
「ラムセス2世葬祭殿(ラムセウム)」
等多数の建造物を残している。
遺体が残っているから 遺伝子検査願いたい・・wiki/ラムセス2世
孫娘イシスネフェルトの墓
「カルナック神殿」や「ラムセス2世葬祭殿(ラムセウム)」
等多数の建造物を残している。

ハトシェプスト女王は
父の側室の息子と結婚し、
夫の側室の息子に追われることになるのですから。
ハトシェプスト女王に息子がいて、・・・経津主の話?
王になっていたら、
全然違う歴史になってたのでしょうね。
センムトとの関係も気になるところ・・・・

マトリックスのコンピューターは
同じ絵を描く(時間軸にフラクタル幾何学)

◎山王石段からハトシェプスト女王葬祭殿
9,250.26 km(5,747.84 マイル)25.738235, 32.606583
9,250.39 km(5,747.93 マイル)石段下25.737709, 32.607817
9,250.09 km(5,747.74 マイル)何だろう25.740064, 32.607181

◎山王石段からラムセウム
9,250.59 km(5,748.05 マイル)25.728008, 32.610477

カルナック神殿25.718611, 32.6575
◎カルナック入口石段からラムセス2世の神殿から山王石段
9,247.69 km(5,746.25 マイル)
カルナック入口石段25.718611, 32.6575
ラムセス2世の神殿25.717449, 32.660265
グーグルアースが格段に良い・・・・
247.6  746.2  が同じの秘数字文字
9,247.62 km(5,746.20 マイル)25.717973, 32.659044
神殿の中の広場だが ここ掘れワンかな

紀元前13世紀に山腹から掘り出したユネスコ世界遺産の
2つの巨大な岩の寺院。
アスワンハイダムが建設された時に現在地に移築された。
1964年から1968年の間に、正確に分割されて、
約60m上方、ナイル川から210m離れた丘へ、・・・・
コンクリート製のドームを基盤とする形で移築された。

建造主は新王国時代第19王朝の王、ラムセス2世。
大神殿は太陽神ラーを、
小神殿はハトホル女神を祭神としている
(小神殿は最愛の王妃ネフェルタリのために
建造されたものでもある)。
この神殿では、年に2回神殿の奥まで日の光が届き、
神殿の奥の4体の像のうち、
冥界神であるプタハを除いた3体を
明るく照らすようになっている

アブ・シンベル大神殿
大神殿の四体の像はラムセス2世で、
その前に並んでいるのは家族の像である。
奥にはプタハ神、アメン・ラー神、ラー・ホルアクティ神、
そしてラムセス2世の像がある。
像の脚にはヌビア遠征に赴いたギリシャ人傭兵による
古代ギリシャ語の落書きが彫られている。

アブ・シンベル小神殿
ハトホル神と王妃ネフェルタリに捧げられた神殿。
立像が6体あり、そのうちの4体は王、
2体はネフェルタリである。
脇には王子と王女を配置している。

この記事へのコメント