ヒキガエル

597 ヒキガエル




フランスのあの火事に
すぐ 確信に変わった

犬に変えられていた
ニン アンナ(イナンナ)は
魔法が解けて
女神に復帰したが

108.88 km(67.66 マイル)阿須伎神社35.399227, 132.715665
犬に喰われた温羅イエスだった
復活したのだ
魔女はメス繫殖犬にさせていた
とことん 酷い

アッシリアの
牡猫の方がイナンナだろう

このブログでも
解いていたから
広島市全体の
あの時の雷鳴と停電は
イエスからの合図
前足で
私の手を掴み
必死の目は
それだったのだ

ほんと 物語の世界のままだ
記紀の謎々を解くことが
犬に変えられた魔法も
解いてしまった

魔法をかけたのは
経津主しかいない・・・

瀬織津姫ニンマー
経津主エレシュキガル
観音ニンリル稲荷神
三人は不死の山王権現の女神
世界のラインが 
ここに決まるのは
メルカバの三女神
ヤハウェの女神 祖母 母 娘
今のビックバンになったとき
主のカケラが
この地球にあるらしい・・

ヒキガエルの神倉神社のゴトビキ岩は・・・別名ヒキガエル岩
猿田彦の金蛙 
捨篠池の高鴨神社 ・・・蛙を片目にした観音
御池の吉備津神社の
天使の宮も池の底にしてしまう蛙・・・
和加経津主エレシュキガルの初めての夫・イシュクル猿田彦
古墳は破壊途中で止まったが狸の家になっている・・
伝説とラインが決まる不思議

淡嶋神社の階段を上ると拝殿があり、
右手に手水舎があるのですが、
でっかいカエルの口から水が
出ているのに驚かされます。
古事記や日本書紀には、
カカシに聞いたら?
と出てきただけなのに
境内の遷使殿(せんしでん)に祀られているカエルと人形
蛙に王になる  高句麗の王

久延彦神社(田んぼの中のカカシ)34.530928, 135.851432
〒633-0001 奈良県桜井市三輪
祭神 久延毘古命
久延彦神社から二見興玉神社
85.83 km(53.33 マイル)34.508980, 136.787860
85.85 km(53.34 マイル)
85.86 km(53.35 マイル)
道入口から久延彦神社から二見興玉神社
85.93 km(53.39 マイル)

風土記と記紀では 違うが

ヒキガエルが・・・神倉神社のゴトビキ岩
「きっと久延{び}古(クエビコ)
が知っているでしょう」と申し上げたので、
すぐにクエビコを呼んでたずねると
「この神はカムムスヒの御子で
少名毘古那神(スクナビコナ)である」とお答えした。
そこでカムムスヒの御祖命に申し上げたところ、
「この神はたしかにわたしの子です。
子の中でもわたしの手の間よりこぼれ落ちた子です。
そこでおまえはアシハラシコヲと
兄弟となってこの国を作り固めなさい」とお答えになった。
そこでオオナムヂとスクナビコナの二柱の神は
協力しあって国を作り固められた。
そしてその後スクナビコナは常世の国にお渡りになった。
さて、そのスクナビコナであることを
顕し申し上げたクエビコはいまでは山田の案山子という。・・・案 安木山子 カカシ?
この神は歩くことはできないが・・・足のない蛭子神
天下のことはことごとく知っている神である。
少彦名マルドック「皆、知らず」という言い方・・・中心

案 安木山子 カカシ
高木神の女 家の子
ここの謎は?

卑弥呼は姫御子とか
卑弥弓呼は彦御子とか

もしも 少彦名マルドックがエンリルの御子だったら
彦御子
ニビル王の皇太子エンリルの子マルドック
すると 白山比咩神社に繋がる金劔宮36.450074, 136.630143
姫神山と岩手山と早池峰山の争いの伝説が
真実味をおびてくる

金劔宮の社伝によると、
崇神天皇三年三月の創祀。
白山第一御子彦神(妙理権現第一王子)とも
古名は劔宮
金劍神社35.814997, 136.893530 へ分霊


いたすけ古墳から椿大社道入口
99.39 km(61.76 マイル)道入口34.962936, 136.452941
93.36 km(58.01 マイル)琵琶湖鳥居35.273749, 136.011608
93.42 km(58.05 マイル)岩戸社35.274878, 136.010708
93.40 km(58.04 マイル)白鬚神社35.274521, 136.011046
93.39 km(58.03 マイル)白鬚神社35.274398, 136.011119
〒591-8036 大阪府堺市北区百舌鳥本町3丁338番地外 もずほんまち
〒520-1122 滋賀県高島市鵜川215番地


◎山王から出雲大社本殿から大仙陵陵古墳
380.33 km(236.33 マイル)山王34.444337, 132.452726
380.32 km(236.32 マイル)山王34.444364, 132.452847
出雲大社本殿35.402031, 132.685458
〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東宮内195
大仙陵陵古墳
〒590-0035 大阪府堺市堺区大仙町7
34°33'53.5"N 135°29'16.6"E
34.564853, 135.487941

迫133屋敷
〒731-0137 広島県広島市安佐南区山本9丁目34-9
34°26'39.6"N 132°27'09.8"E
34.444334, 132.452726

物部神社の軸方向は出雲大社本殿で
当然のこと 大年Jesusキリスト 大国主
子孫・宇摩志麻遅命は物部神社に鶴に乗って鶴降山に降臨
神紋は「日負鶴」。

物部神社から出雲大社本殿から大仙陵陵古墳
303.33 km(188.48 マイル)物部神社35.155048, 132.513513
〒694-0011 島根県大田市川合町川合川合神領1545
物部神社の橋から出雲大社本殿から大仙陵陵古墳
303.50 km(188.58 マイル)橋35.153642, 132.512875静間川
物部神社の御神墓から出雲大社本殿から大仙陵陵古墳
303.30 km(188.46 マイル)御神墓35.155276, 132.513676
303.31 km(188.47 マイル)
303.32 km(188.47 マイル)

物部神社
  祭神 宇摩志麻遅命
相殿神 右座 饒速日命 布都霊神
    左座 天御中主大神 天照大神
    客座  出雲大社本殿の客殿と同じ
    鎮魂八神 宮中八神と同じ
創建は継体天皇八年。
祭神・宇摩志麻遅命は勅命により、
天香具山命とともに物部氏の一族を率いて、
美濃、越国を平定し、
石見国に入って死去したと伝えられ、
社殿背後の八百山の古墳は神墓であるという。
また、播磨・丹波国を経て石見国へ入ったともいう。

阿岐の国には 一番多くの大歳神社がある

https://nihonshinwa.com/archives/4375
多家神社(安藝國総社) 埃宮 34.396028, 132.510496 三つ巴
〒735-0005 広島県安芸郡府中町宮の町3丁目1-13
祭神 神武天皇 ・・・次男の八島篠見神 母イナンナ
   安芸津彦命・・・長男の大年  安芸国開祖
相殿 神功皇后 エレシュキガル経津主
   応神天皇 ・・・
   大己貴命
摂末社貴船神社 高竜神 高龗神エレシュキガル経津主
        別雷神 鹿島神ネルガル(賀茂別雷命)仲哀天皇
        大山津見神

神功皇后
母は渡来人の新羅王子天日矛(あめのひぼこ)裔・葛城高顙媛。
弟に息長日子王、妹に虚空津比売、豊姫がいる。
だから 系の中に  同じ神が出ている・・・・

大神神社末社の貴船神社から香取神宮
450.62 km(280.00 マイル)
祭神 淤加美神 エレシュキガル経津主
貴船神社34.533170, 135.852704
多家神社の貴船神社から香取神宮
747.52 km(464.49 マイル)貴船神社34.396158, 132.509491

多家神社の貴船神社から美談神社
115.81 km(71.96 マイル)美談神社35.411041, 132.794947
美談神社・・・・エンリルの御子の宮
祭神 経津主命 ・・和加布都努志命
   武甕槌命 ・・玉依姫が賀茂別雷命を産む
   息長足姫命 神功皇后エレシュキガル経津主・聖母マリア
式内社・美談神社に比定される古社で、
出雲国風土記には「彌太彌社」とある神社。
八幡宮を勧請合祀したが


誰曽廼森 タレソノモリ・・・・この文言が重要
神武天皇がこの土地の人(安芸津彦・大年)に
「曽は誰そ(あなたが誰?)」とたずねた事が名の由来。
古事記では安芸国(阿岐国)の多祁理宮(タケリノミヤ)に
カムヤマトイワレビコ命(のちの神武天皇)が7年。・・・特別
日本書紀では埃宮(エノミヤ)に滞在したとされます。
埃宮・多祁理宮はつまりは神武天皇の皇居。
これが後々、多家神社(埃宮)となります。

とくに 広島は大歳神社が多いいことと
山王が 133屋敷で 存在し
とんでもないラインがあること
ユダヤの秘数字文字で書かれていること
明治天皇から昭和天皇までも 
復活をと決めて在る

ここの座標が それ程 大切なのだろう
ビックバンで散った
主のカケラの石かもしれない

須佐神社 須佐大社
〒693-0503 島根県出雲市佐田町須佐730
祭神 須佐之男命(経津主と猿田彦の子)
配祀 稲田姫命 ・・・三人いる
   手摩槌命   ニンガル
   足摩槌命  イシュクル猿田彦
正面に上の御前と呼ばれる天照社エレシュキガル経津主
本殿後ろに下の御前と呼ばれる三穂社ニンガル

豊玉姫と玉依姫の姉妹
磐長姫と木花開耶姫(短命でたくさんの名前)
不死と短命(栄える)

出雲国風土記に「須佐社」とある神社。
須佐之男命を祖神とする須佐氏の本貫。

神大市比売命・経津主エレシュキガル  大歳神 宇迦之御魂神
佐美良比売命・木花開耶姫ニンガル  大屋毘古命 須勢理比売命
櫛稲田姫命イナンナ(須勢理比売命)
  八島茶見命 五十猛命 大屋津比売命 抓津比売命

http://www.genbu.net/data/yamasiro/yasaka_title.htm

八坂神社の配祀は三人の妃で
  姉 神大市比売命 エレシュキガル経津主(父はエンリル)
  妹 佐美良比売命 ニンガル(父はエンキ)
  妹の娘 稲田宮主須賀之八耳神イナンナ(父は猿田彦)

稲田宮主須賀之八耳神・・・・須賀の稲田宮主の八耳神
須我神社 35.354213, 133.031599
日本初之宮 日本で一番最初にできたお宮
〒699-1205 島根県雲南市大東町須賀260・・・須賀
祭神 須佐之男命
   稲田比売命イナンナ
   清之湯山主三名狭漏彦八島野命・・長男
須佐之男命が八岐大蛇退治の後に建てた宮殿

イナンナ(須勢理比売命)に確定

〒699-1331 島根県雲南市木次町上熊谷1462番地1
須我神社から河邊神社
15.39 km(9.56 マイル)河邊神社35.266152, 132.900981
祭神は同じ
須我神社から河邊神社から道入口
15.44 km(9.59 マイル)道入口35.265664, 132.901146

微妙な 違いは
長男が大国主・天皇になった

河邊神社から多家神社
103.13 km(64.09 マイル)多家神社34.395931, 132.510302
103.14 km(64.09 マイル)    円周率確定
〒735-0005 広島県安芸郡府中町宮の町3丁目1-13・・・・ここと連動確定
神武天皇も 完全確定

河邊神社から神武天皇陵から入口
276.97 km(172.10 マイル)入口34.496456, 135.788031
神武天皇陵34.497477, 135.788007
77イナンナ囲み

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック