大國御魂神はイエス

600 大國御魂神はイエス




目標達成
家族からは 
狂ったと思われている  獣ヘンの王

蛙の心も わかる
申は女神に猿に  犬は女神に天狗になった
自分だけ年老いて 18歳のままの美少女が妻だったら・・・貴方ならどうする・・・
だから 女神は年老いた妻に変幻している・・・
八百姫で 懲りたのだ・・・・女神は今も 日本に居る・・・


ニビル神は数万年の寿命だが
大山祇神は 恐ろしい誓約を立てた

   アヌ王と前の王アラル

wiki/シュメール王名表・・・・・アンナは女王 ほとんど女王
大洪水以前
エリドゥ王アルリム(在位28800年間)
エリドゥ王アラルガル(英語版)(Alalĝar、在位36000年間)
バド・ティビラ王エンメンルアンナ(在位43200年間)
バド・ティビラ王エンメンガルアンナ(在位28800年間)・・・エレシュキガル経津主?
バド・ティビラ王ドゥムジ(牧神)/タンムーズ(在位36000年間)・・・イエス?
ララク王エンシブジアンナ(在位28800年間)
シッパル王エンメンドゥルアンナ(在位21000年間)
シュルッパク王ウバル・トゥトゥ(在位18600年間)

大洪水以後

キシュ第1王朝
ジュシュル(在位1200年間)
クルラッシナ・ベル(在位960年間)
ナンギシュリシュマ(在位670年間)
エンタラフアンナ(在位420年間)
バブム(在位300年間)
ブアヌム(在位840年間)
カリブム(在位960年間)
ガルムム(在位840年間)
ズカキブ(在位900年間)

ウルク第1王朝

メスキアッガシェル(英語版)(在位324年間) 
      太陽神ウトゥ(英語版)(Utu)の息子とされる。・・・・ウツ・スサノオ
エンメルカル(在位420年間) ウルクの創建者。・・・・マルドック?
ルガルバンダ(在位1200年間) 牧人。
ドゥムジ(英語版)(在位100年間) 漁師。・・・・イエス?
     キシュ王エンメバラゲシを捕虜とした。
ギルガメシュ(在位126年間) 


・・・・

八島士奴美神(やしまじぬみ)は、
オオヤマツミの娘の木花知流比売(このはなちるひめ)と結婚し、
布波能母遅久奴須奴神(ふはのもぢくぬすぬ)を生んだ


ノートルダム大聖堂が火事
14日が復活した 

隠し古墳の
参道山道の
整備をして
薄暗い
山道で
2mくらいの
毒蛇
ヤマカガシに
遭遇
攻撃態勢の蛇

瞬間に
後ろに
飛び下がったのだが
黒蛇は消えてしまった

ここから
何やら
おかしい

三力原

ノートルダム大聖堂が燃えている・・・
天使族の・・・・
復活祭・・・

復活したイエス・キリストが弟子達の前に現れて
蘇利古
大利神社
イースター
2019年 4月21日 4月28日
0414日曜日 雷鳴  19h57m41s停電
広島市全域 一回だけの雷鳴

・・・

別名
日本国の
国霊神:くにたまのかみ
国玉神:くにたまのかみ
国生神:くなりのかみ
大国魂神:おおくにたまのかみ
大国御魂神:おおくにみたまのかみ


◎大國魂神社
式内社 武蔵國多磨郡 大麻止乃豆乃天神社
旧官幣小社    十六八重菊
武蔵國総社
祭神 中殿 大國魂大神 
   東殿 小野大神(一宮)
      小河大神(二宮)
      氷川大神(三宮)
   西殿 秩父大神(四宮)
      金佐奈大神(五宮)
      杉山大神(六宮)

◎大國魂神社より山王  
653.69 km(406.19 マイル)山王34.444332, 132.452730
大國魂神社 中 35.667346, 139.478994

◎山王より大國魂神社より隋神門
653.80 km(406.25 マイル)  ここから358救世主イエス

◎山王より大國魂神社より宮乃咩神社
653.86 km(406.29 マイル)
653.88 km(406.30 マイル)

◎山王から宮乃咩神社から大鳥居
653.86 km(406.29 マイル)
653.88 km(406.30 マイル)旧甲州街道交差点
宮乃咩神社はイナリ神

阿須伎神社35.399137, 132.715692
〒699-0731 島根県出雲市大社町遙堪阿式谷1473
阿須伎神社から大國魂神社
612.61 km(380.66 マイル)
阿須伎神社から大國魂神社から一の鳥居
612.88 km(380.83 マイル)

大麻止乃豆乃天神社35.646010, 139.491909
〒206-0801 東京都稲城市大丸847-1
祭神 櫛真智命

◎大麻止乃豆乃天神社から物部神社の御神墓
634.71 km(394.39 マイル)御神墓35.155239, 132.513602
〒694-0011 島根県大田市川合町川合川合神領

◎大麻止乃豆乃天神社から彌彦神社
236.72 km(147.09 マイル)彌彦神社37.706780, 138.825770

・物部神社の御神墓から彌彦神社の奥宮
630.32 km(391.66 マイル)

・物部神社から彌彦神社の奥宮
630.36 km(391.69 マイル)奥宮37.704705, 138.808859
物部神社35.154989, 132.513460

〒694-0011 島根県大田市川合町川合川合神領1545
◎大國魂神社から物部神社
633.69 km(393.76 マイル)・・・・最終的な答え

迫133屋敷の山王から石見國一之宮の物部神社
79.22 km(49.22 マイル)本殿35.154990, 132.513465
79.23 km(49.23 マイル)本殿
79.24 km(49.24 マイル)御神墓
山王34.444336, 132.452726

大國御魂神の復活を司る迫133屋敷の
私はだれだろうか・・・・・・・・・・・・・・・・

山王から越後國一宮の彌彦神社  花菱に大
677.76 km(421.14 マイル)37.706782, 138.825765+宮
〒959-0323 新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2898

祭神
伊夜彦神 (天香山命)・・・・大年の子には香山戸臣神(母は香用比売)
(あるいは、大屋彦命 あるいは、大彦命)

『古事記』によると、大年神と香用比売(スセリ姫)が婚姻して、
大香山戸臣神と御年神の二人の御子神が生まれた。

葛木御歳神社
〒639-2262 奈良県御所市東持田269
祭神 御歳神
    母 高照姫命(たかてるひめのみこと)イナンナ(スセリ姫)?
    父 大年・饒速日

饒速日尊は、長髄彦の妹御炊屋姫(みかしやひめ)を娶り妊娠させるが、
可美真手命が生まれる前に、
饒速日尊は死んでしまう。

登美能那賀須泥毘古の妹である登美夜毘売と結婚して、
宇摩志麻遅命という子までできていた。

邇芸速日命と天椎彦は共に天羽羽矢を与えられて天降った天神の子であり、
邇芸速日命=天椎彦とも思われる。

http://www.genbu.net/saijin/nigihayahi.htm
読めば読むほど 解らなくなるニギハヤヒ
たくさんの嘘があるから
知られたくないのだろう イエスキリスト

シンプルにしたいね・・・
超人のエイリアンの話だから・・
オープンになってくる記紀の話には
圧倒される・・


長柄神社34.439753, 135.716956
〒639-2321 奈良県御所市名柄271
祭神 下照姫命 あるいは 八重事代主命 あるいは 高照姫命

道入口から唐王神社から長柄神社
236.32 km(146.84 マイル)
〒689-3333 鳥取県西伯郡大山町唐王725

道入口から唐王神社から葛木御歳神社
237.83 km(147.78 マイル)道入口35.478631, 133.455344
唐王神社から葛木御歳神社
237.79 km(147.76 マイル)


彌彦神社の奥宮から葛木御歳神社
458.24 km(284.74 マイル)道入口34.423103, 135.723726



大屋毘古命 須勢理比売命 (母は佐美良比売命ニンガル)?

阿須伎神社から彌彦神社
602.92 km(374.63 マイル)本殿
601.46 km(373.73 マイル)奥宮37.704684, 138.808859

彌彦神社の奥宮から備後國一之宮 素盞嗚神社から鳥居
607.79 km(377.67 マイル)道入口34.552291, 133.280726
607.79 km(377.66 マイル)鳥居34.552310, 133.280642

スサノオの子になってくる・・・・
彌彦神社の奥宮から那須加美乃金子神社から海(下記)
913.39 km(567.56 マイル)海
913.33 km(567.52 マイル)川34.514115, 129.434642
913.31 km(567.51 マイル)鳥居34.514119, 129.434449?
913.32 km(567.51 マイル)道入口
那須加美乃金子神社 34.514123, 129.434104
長崎県対馬市上対馬町小鹿字大浜520
〒817-2241 長崎県対馬市上対馬町小鹿 県道39号
祭神 大屋彦神 大己貴命    大浜520
祭神 須佐之男命 大屋彦命  中原290


去年の五月一日に
テレビのハードディスクに
喜びの歌を
贈りつけた者がいるが・・・・創造主ヤハウェの歌
理解不能な文字を送りつけた
者もいる
転送もできないから
写真データにして 
皆さんには
公表している

宇摩志麻遅命は勅命により、
天香具山命とともに物部氏の一族を率いて、
美濃、越国を平定し、
石見国に入って死去したと伝えられ、
社殿背後の八百山の古墳は神墓であるという。
また、播磨・丹波国を経て石見国へ入ったともいう。
広島島根には大規模な物部氏配下の
部民である「物部」の集団があり、
古くから集落をなして、
中央豪族たる物部氏の部民に編成され
貢租や労力を徴収されていたという。
鶴降山から国見したところ、
八百山が大和の天香具山に似ているので
八百山の麓にお住いになることにした。


・天香山命(高倉下 手栗彦命)
天忍穂耳尊(ウツ)の御子である天火明命(大年)の御子神。
母は天道日女命。
尾張連等の遠祖。
『先代旧事本紀』では饒速日命の子となっており、
天火明命=饒速日命とする。

・宇麻志麻遅命
邇芸速日命(大年)の第二子。
母は『古事記』では登美夜毘売、
『日本書紀』では鳥見屋媛、あるいは三炊屋媛、長髄媛。
物部連、穂積臣、婇臣の祖。


山王から御座石神社から鳥居
935.76 km(581.45 マイル)鳥居39.751112, 140.650695
御座石神社39.751640, 140.650515
〒014-0602 秋田県仙北市西木町桧木内相内潟1
祭神:事代主神
  ・綿津見神
  ・龍子姫神
熊野権現を信奉する巡錫の修験者がここを選び
湖主竜神に神通せんと水想観の蘊奥を究め
一祠を創建して修験の座としたと云う縁起

茅野市の御座石神社から田沢湖の御座石神社
470.12 km(292.12 マイル)39.751655, 140.650514+宮
茅野市の御座石神社36.002710, 138.173226

諏訪大社 下社 春宮 36.082136, 138.082129
〒393-0092 長野県諏訪郡下諏訪町大門193
祭神 建御名方神 八坂刀賣神
  配祀 事代主神

田沢湖の御座石神社(+宮)から諏訪大社 下社 春宮
466.06 km(289.59 マイル)
466.06 km(289.60 マイル)+宮

田沢湖の御座石神社から宮島の荒胡子神社
955.66 km(593.82 マイル)荒胡子神社34.296948, 132.320727+

香取神宮から造山古墳
624.96 km(388.33 マイル)造山古墳34.674051, 133.804201
623.39 km(387.36 マイル)楯築遺跡34.663042, 133.825395
702.70 km(436.64 マイル)西谷二号35.359470, 132.779238
702.67 km(436.62 マイル)西谷三号35.359122, 132.779660
702.67 km(436.62 マイル)西谷四号35.358340, 132.779788


山王から石上神宮から道入口
311.93 km(193.83 マイル)

東大寺に合わせて造っている

山王から天理教教祖殿
311.09 km(193.30 マイル)
311.11 km(193.31 マイル)教祖殿34.602761, 135.843175+本殿
311.13 km(193.33 マイル)+
311.16 km(193.35 マイル)+
311.18 km(193.36 マイル)+

山王から天理教教祖殿から本部
311.23 km(193.39 マイル)
311.26 km(193.41 マイル)
311.30 km(193.43 マイル)
311.39 km(193.49 マイル)
311.31 km(193.44 マイル)・・・・東大寺の中心と同じで 旧約聖書のこと
311.32 km(193.44 マイル)
311.33 km(193.45 マイル)本部玄関34.600741, 135.843237
311.36 km(193.47 マイル)
311.39 km(193.49 マイル)入口34.600209, 135.843237
311.55 km(193.59 マイル)道入口34.598764, 135.843312

天理教教祖殿の南端
山王から天理教教祖殿から西山古墳
312.23 km(194.01 マイル)

山王から西山古墳
311.06 km(193.29 マイル)西山古墳34.592454, 135.843333
〒632-0032 奈良県天理市杣之内町

西山古墳から物部神社
310.13 km(192.70 マイル)物部神社35.155015, 132.513483
〒694-0011 島根県大田市川合町川合川合神領1545

西山古墳から御座石神社
263.23 km(163.56 マイル)御座石神社36.002686, 138.173218
西山古墳から御座石神社から水中にある御坐石
263.33 km(163.63 マイル)
263.36 km(163.64 マイル)
263.39 km(163.66 マイル)矢作社36.002276, 138.175753
264.12 km(164.12 マイル)小泉諏訪神社36.001379, 138.186630

山王から御座石神社
547.65 km(340.30 マイル)山王34.444333, 132.452734
御座石神社から物部神社の御神墓
520.35 km(323.33 マイル)
〒694-0011 島根県大田市川合町川合川合神領


御座石神社36.002686, 138.173218
〒391-0003 長野県茅野市本町東15  ちの
諏訪大社の摂社  諏訪七石の一つ「御座石」「穂掛石」
祭神 高志沼河姫神
高志沼河姫は翡翠の女王 明星山
竜田川という境内を流れる川
八櫛社
高志沼河姫は翡翠の女王であり、
大国主との間に諏訪大神である建御名方を産んだとされる。
大国主が出雲へ帰る際、同行を拒否、
建御名方と共に越に留まった。

唐王神社から山王
146.91 km(91.29 マイル)山王34.444330, 132.452727
唐王神社から大利神社から鳥居
146.91 km(91.29 マイル)鳥居34.442680, 132.456348
〒731-0138 広島県広島市安佐南区祇園4丁目6-39

白南天から唐王神社から西山古墳
238.73 km(148.34 マイル)白南天35.478805, 133.455335


諏訪大社は本殿の位置が難しく
ラインを引くのが不明

山王から諏訪大社 上社 前宮
543.85 km(337.93 マイル)四柱の中心
諏訪大社 上社 前宮 35.991124, 138.133416
長野県茅野市宮川字前宮2062
〒391-0013 長野県茅野市宮川安国寺2582
祭神 八坂刀賣神 (本地 千手観音)

諏訪大社 下社 春宮 36.082136, 138.082129
〒393-0092 長野県諏訪郡下諏訪町大門193
祭神 建御名方神 八坂刀賣神
  配祀 事代主神

〒731-0137 広島県広島市安佐南区山本9丁目34-9
古座川の一枚岩から山王
317.31 km(197.17 マイル)一枚岩33.547146, 135.720372・・・〒731-0137
山王34.444331, 132.452731
1400万年前の紀伊半島の巨大カルデラ噴火で・・・1414万年では
出来ている 熊野三山

天石門別八倉比賣神社34.055784, 134.464924
〒779-3127 徳島県徳島市国府町矢野宮谷531

天石門別八倉比賣神社から香取神宮
588.68 km(365.79 マイル)34.055777, 134.464944
天石門別八倉比賣神社から石畳神社
99.11 km(61.59 マイル)34.701929, 133.720953
99.11 km(61.58 マイル)
〒719-1142 岡山県総社市秦3995

天石門別八倉比賣神社から香取神宮から赤鳥居
588.99 km(365.98 マイル)
589.00 km(365.99 マイル)


天石門別八倉比賣神社から山王
189.91 km(118.01 マイル)34.444343, 132.452839
189.88 km(117.98 マイル)磐座34.055899, 134.464566
八倉比売神社磐座
祭神 八倉比売命
祭神 大日孁女命(別名天照大神)
式内 正一位   矢野神山 奉納古歌

神大市比売命の別名
大市比売命:おおいちひめのみこと
大歳御祖命:おおとしみおやのみこと

大歳御祖神社
〒420-0868 静岡県静岡市葵区宮ヶ崎町102-1


鏡作坐天照御魂神社34.561559, 135.794108 赤い鳥居
〒636-0311 奈良県磯城郡田原本町八尾816
祭神 天照國照彦天火明命
   石凝姥命
   天糠戸命

道入口から鏡作坐天照御魂神社から阿須伎神社
295.65 km(183.71 マイル)道入口34.560305, 135.794136
鏡作坐天照御魂神社の道入口から阿須伎神社
295.56 km(183.65 マイル)
〒636-0311 奈良県磯城郡田原本町八尾809-15道入口
阿須伎神社35.399137, 132.715692
〒699-0731 島根県出雲市大社町遙堪阿式谷1473

創立は崇神天皇六年とみられている。
『大倭神社注進状裏書』によれば、
天照大神が天岩戸に籠った時、
石凝姥命が、天香具山の銅を取って
鏡を鋳て日の像を作ったという。
石凝姥命は、その天糠戸命(麻気神)の御子。
本殿の右手に西向きに鎮座している
鏡作坐若宮神社34.561489, 135.794307

天香山神社34.497260, 135.818331
〒634-0022 奈良県橿原市南浦町608
祭神 櫛眞命くしまちのみこと  
      天児屋命の別名 元名 大麻等乃知神

天忍穂耳尊(ウツ・スサノオ)の
御子である天火明命(大年)の御子神()。
母は天道日女命。
尾張連等の遠祖。
『先代旧事本紀』では饒速日命の子となっており、
天火明命=饒速日命(大年)とする。
后神は熟穗屋姫命。

1 大年神と神活須毘神の娘・伊怒比売()が婚姻して
以下の五人の御子神が生まれた。
大国御魂神、韓神、曽富理神、白日神、聖神。

大和神社
〒632-0057 奈良県天理市新泉町306・・・〒と番地で確定
右殿 御歳神  大年の子
中殿 大國御魂神(大己貴神荒魂)34.571116, 135.837388
左殿 八千戈神  天日矛神イシュクル猿田彦・蛙

『日本書紀』によれば、
宮中に奉斎されていた天照大神(経津主)・大和大国魂神(大年)を
第十代崇神天皇(スサノオ)の御代、
同殿共床の神威を畏み、
天照大神(妃)を皇女豊鍬入姫命(娘の稲荷神)に勅して
倭の笠縫の邑に、
大和大国魂神を皇女渟名城入姫命()に勅して、
大市の長岡岬に奉遷したのが当社の創祀。

大國御魂神は大年(饒速日・イエス)・・・・

阿須伎神社から大和神社
299.27 km(185.96 マイル)道入口34.570438, 135.841249
299.28 km(185.96 マイル)阿須伎神社の磐座
299.26 km(185.95 マイル)34.570438, 135.841122
阿須伎神社35.399138, 132.715674

大和神社から山王  14の33囲み 28完全数99囲み
310.43 km(192.89 マイル)山王34.444354, 132.452830
 山王は133 1414


鳥居から阿須伎神社から大和神社(本殿)
299.00 km(185.79 マイル)本殿
298.99 km(185.79 マイル)
299.03 km(185.81 マイル)拝殿
299.16 km(185.89 マイル)二の鳥居34.570691, 135.839013
299.36 km(186.01 マイル)道入口34.570439, 135.841254
鳥居35.398324, 132.715786

伊努神社35.402149, 132.770186
〒693-0073 島根県出雲市西林木町376 431号線から少し南
祭神 赤衾伊努意保須美比古佐倭氣命
   あかぶすまいぬおおすみひこさわけのみこと
日乃都麻明神に相当する
出雲郡伊努郷の由来に
「国引きをなさった意美豆努の命(エンリル)の御子、
赤衾伊努意保須美比古佐倭気能命の社が、
郷の中に鎮座しておられる。」とも。
阿麻乃弥加都比女あまのみかつひめのみこと
天甕津日女命あめのみかつひめのみこと

阿遅須枳高日子根(大年)の后、
天御梶日女の命()が、
多具の村においでになって、
多伎都比古の命をお産みになった。

多伎神社
愛媛県今治市(旧朝倉村)にある。
伊予桜井駅の西、古谷の奥に鎮座。
30数基の古墳群。
祭神 多伎都比賣命  娘の稲荷神か母の経津主
   多伎都比古命  息子の大年の息子・大山咋神
   須佐之男命 ウツ
   大己貴命
「瀧之神」とあり、
往古奥の院の磐座の信仰に始まり、・・・経津主
崇神天皇の御代饒速日命(大年)
六代の孫伊香武雄命「瀧の宮」の社号を奉り初代 の斎宮
杯状穴(性穴)遺構  磐裂神の経津主


2大年神と天知迦流美豆比売神(ニンリル)が婚姻して
以下の十人の御子神が生まれた。
奥津日子神、奥津比売命(大戸比売神)、
大山咋神(山末之大主神・鳴鏑神)、
庭津日神、阿須波神、波比岐神、
香山戸臣神、
羽山戸神、
庭高津日神、大土神(土之御祖神)。

3大年神と香用比売(経津主)が婚姻して
以下の二人の御子神が生まれた。
大香山戸臣神、御年神。

赤王神社35.100581, 138.944746
〒411-0803 静岡県三島市大場883
祭神 櫛眞命(櫛眞智神) 
式内社 伊豆國田方郡 大朝神社の論社  
    天照大御神と素戔嗚の孫だね
   牛飼い座のアークトゥルスの赤色巨星の王とは


赤王神社から松尾大社
296.93 km(184.51 マイル松尾大社34.999917, 135.684979
〒616-0024 京都府京都市西京区嵐山宮町3 松尾大社
祭神 大山咋神
   中津嶋姫命(市杵島姫命)
    亦の名は山末之大主神

大朝神社35.073870, 138.864657
〒410-0822 静岡県沼津市下香貫山宮前3056-2牛臥山
祭神 大日孁命 エレシュキガル経津主 旭日神
大朝神社から香取神宮
175.67 km(109.16 マイル)香取神宮35.886290, 140.528667

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック