出雲大社

589 出雲大社



やっと 歩けるように なった
感じかな
秘数字文字は 解読はなく 閃きのみ


山王から出雲大社入口
108.00 km(67.11 マイル)
108.01 km(67.11 マイル)35.396560, 132.686408

山王から出雲大社への流れで
創造主がここの宮を108に 
11にさせている 67は面白い
ユダヤ教の方々は
この歴史に 学ぶことだ

天使・破壊神が 出雲の神を襲っている
六次元の知性体
観音は十一面観音菩薩で 
ヒモ理論の最終段階

イオン式空気清浄機が 反応する

◎千家国造
鹿島神宮から出雲大社教祖霊社から道入口
720.57 km(447.74 マイル)道入口35.400395, 132.683610
〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東宮内254
出雲大社教祖霊社35.400636, 132.682752 母はニンガル玉依姫

出雲大社教(いずもおおやしろきょう)は、
1873年(明治6年)、当時の出雲大社大宮司の
千家尊福(せんげたかとみ)が創設した教団である。
教派神道(神道十三派)の一。
wiki/出雲大社教
島根県出雲市の出雲大社社務所内に本部(教務本庁)があり、
出雲大社の職員が教職員を兼務している。
布教機関は全国に渡り設けられていて、
特に中国地方を中心とした西日本に多くの分祠、教会等がある。
教団としての組織性はあまり強くない。
統理者にあたる管長職は千家家が代々世襲している。
2014年現在の管長は六代・千家隆比古である。
出雲大社附属の神職養成所である大社國學館では、
卒業の際、神社本庁の神職の階位のほかに
出雲大社教の教師資格も授与される。

出雲大社教祖霊社
始祖神 天穂日命(天照大御神[素戔嗚]の第二の御子神)?
    天忍穂耳尊(邇邇芸命の父 天穂日命の兄)・・大年

出雲大社教祖霊社から氷川神社
630.11 km(391.53 マイル)氷川神社35.916916, 139.629632
607.30 km(377.36 マイル)寒川神社35.379806, 139.383442
710.84 km(441.70 マイル)香取神宮35.886265, 140.528655
・264.26 km(164.21 マイル)宗像大社33.831058, 130.514358+宮・・・稲荷神からは兄と弟
イナンナの母はニンガル玉依姫・木花之佐久夜毘売・神吾田鹿葦津姫(かむあたかあしつひめ)
スサノオの母はエレシュキガル豊玉姫・経津主・聖母マリア・磐長姫
鹿島神の母もニンガル 父エンリル

ニンリルは兄と弟の妻だろうか・・・完璧確定・・そっくりの天若日子の話かも
妹神・下光比売命は、天若日子の妻。
阿遅鋤高日子神は天若日子と非常に似ており、
天若日子の死に際し天若日子の親族により間違われて騒動が起きた。

八島茶見命か大屋毘古神が天若日子?


素戔嗚の八柱御子神とは、
八島茶見命 五十猛命 大屋津比売命 抓津比売命 
(母は櫛稲田姫命)
大歳神 宇迦之御魂神 (母は神大市比売命)
大屋毘古命 須勢理比売命 (母は佐美良比売命)

大年が長男であるから
八島茶見命
『古事記』では大国主神の祖で、
この神の五代孫が大国主神とあるが、
『先代旧事本紀』では、
八島士奴美神のまたの名を大国主神、大己貴命とある。驚き

八島士奴美神 やしまじぬみのかみ

別名
清之湯山主三名狹漏彦八嶋篠
  すがのゆやまのぬし、みなはさるひこやしましの
清之繁名坂軽彦八嶋手命
  すがのゆいなさかかるひこやしまでのみこと
清之湯山主三名狹漏彦八嶋野
  すがのゆやまのぬし、みなはさるひこやしまの
田や湯とか油は ユダヤの隠語
隠し言葉だろうが?

妻は、大山津見神の娘・木花知流比売。?
子は布波能母遅久奴須奴神。?

木花知流比売

・・・・

◎北島国造
淡島神社から出雲教総本院から道入口
250.82 km(155.85 マイル)道入口35.400806, 132.687091
出雲教総本院35.401360, 132.686951
〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東194

出雲教(いずもきょう)は、
1882年(明治15年)第76代出雲国造・北島脩孝
(当時の出雲大社少宮司)が内務省の承認を経て、
創設した神道教団である。
総本院は、島根県出雲市大社町杵築東194
(出雲大社北島国造館)に所在する。
出雲大社に祀られている大国主大神の神意、
信徳を教化する神社神道である。

大国主大神を主祭神として、
造化三神・天照皇大神・産土大神・天穂日命を併神とする。
また、境内の天神社には少名毘古那神、
天満宮には菅原道真公・野見宿禰、
御三社には出雲国造家の始祖である天穂日命
(天照皇大神第二御子神)、
荒神社には荒神(須佐之男命とされる)、
稲荷社には宇迦之御霊神が祀られている。

・境内社
天神社(祭神は、農業の神、医薬・温泉・酒造の守護神、
    少名毘古那神である。)
天満宮(祭神は、出雲国造家と深い縁のある学問の神
    ・菅原道真と相撲の神・野見宿禰である。)
御三社(天穂日命社・荒神社・稲荷社)
山王社(祭神は、鬼門を護る大地の守護神、大地主之神である。)
祖霊社(祭神は、大国主大神の別名、
   「幽冥主宰大神(かくりよしろしめすおおかみ)」と神官、
    教徒の祖霊であ
出雲神楽「出雲教神楽本部山王寺本郷神楽社中」
   (島根県指定無形民俗文化財)
『出雲教由緒』(出雲大社北島国造館)

・・・・

◎三屋神社
〒690-2402 島根県雲南市三刀屋町給下865番地
祭神 大己貴命 イシュクル猿田彦(妻は姉の豊玉姫)
   素盞嗚尊
   稲田姫命 イナンナ
   脚摩乳命 手摩乳命 
     ニンガル(妹・玉依姫)と猿田彦の夫婦
姉の経津主・磐長姫・豊玉姫は龍宮に家出して八岐大蛇に変身
古代日本の地方である高志(こし)から来たとされる。
脚摩乳命 手摩乳命の子を7人食べていた

ブッダを祝福した九頭竜神は・・インドの埴安姫ニンマー

・高志の国   九頭竜川は母の瀬織津姫ニンマー
現在の福井県敦賀市から山形県庄内地方
敦賀の氣比神宮から、・・・稲荷神ニンリル御食津大神
羽咋の気多大社を経て、・・・大年イエス
さらに弥彦神社がある弥彦山まで

氣比神宮(+宮)から宗像大社から道入口
547.15 km(339.99 マイル)

龍宮へ家出して
経津主の娘と息子の処へいく

氣比神宮から浅草寺
336.22 km(208.92 マイル)
336.23 km(208.92 マイル)35.714848, 139.796903
〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目3 浅草寺
氣比神宮から伏見稲荷大社
81.28 km(50.50 マイル)鳥居34.967106, 135.772321

道入口から気多大社から白髭神社から琵琶湖鳥居  敵意
196.51 km(122.11 マイル)道入口36.920857, 136.766293

一の宮とも称されている三屋神社
〒690-2402 島根県雲南市三刀屋町給下 県道271号 鳥居

◎河邊神社35.266279, 132.900959 イナンナが出てきた
〒699-1331 島根県雲南市木次町上熊谷1462番地1
祭神 久志伊奈太美等與麻奴良比賣命(奇稲田媛命)母
配祀 清之湯山主三名狭漏彦八島篠命・・・子

河邊神社から三屋神社
4.34 km(2.69 マイル)三屋神社35.300520, 132.878101
河邊神社から三屋神社から鳥居
4.44 km(2.76 マイル)鳥居35.299960, 132.879051
河邊神社から三屋神社

〒699-0901 島根県出雲市多伎町久村1289 国村神社
神坐日向神社から国村神社から一の鳥居
304.83 km(189.41 マイル)一の鳥居35.296307, 132.644185
三輪の神坐日向神社から出雲の国村神社
304.66 km(189.31 マイル)

国村神社5.296493, 132.645970
祭神 八束水臣津努命アヌ王
配祀 須佐之男命 ウツ
    大年之大神Jesus

神坐日向神社34.526965, 135.852871
〒633-0001 奈良県桜井市三輪
祭神 日向御子神(日向王子)・・・
櫛御方命 飯肩巣見命 建甕槌命
奈良県櫻井市三輪字御子ノ森

本来は三輪山山頂の神峯鎮座の高宮社(こうのみや)
が神坐日向神社であり、
当社は高宮社であると考えられているが、
日神・アマテラスを伊勢皇大神宮に
集約して皇祖神とする明治政府にとって、
国つ神の代表としてのオオモノヌシを祀る大神神社に
日神的神格があったとするのは認めがたいことで
云々・・・ここから 洩れることは・・・破滅

三輪山山頂から阿須伎神社から鳥居
302.85 km(188.18 マイル)鳥居35.398316, 132.715817
三輪山には他にも高宮社の座標があるが34.531502, 135.875025
大年の妹の稲荷神ニンリルでJesusの妻で慈悲の観音さん 

この高宮社から宗像大社から太鼓橋(下記)
499.26 km(310.23 マイル)太鼓橋
499.39 km(310.31 マイル)道入口33.832475, 130.512966
宗像大社33.831077, 130.514340
道入口の時は20m足りないから
高宮社の鳥居か石段が西向きにあるから
東20mに存在の鳥居だろうか34.531524, 135.875304

妹の稲荷神が天照大御神の様で
白木山からも 完璧確定ラインだった
大年も宇迦之御魂神も正しいのかもしれない
宇迦之御魂神の意味することが 不明で
INRIなのだろうか
  
経津主は神大市比売命 聖母マリア 天照大御神
宇迦之御魂神を稲荷大神とも呼ぶが、
伏見稲荷大社では、 宇迦之御魂大神、佐田彦大神、大宮能売大神、
田中大神、四大神の五柱で、稲荷大神としている。
秦氏の祖霊として創建」の縁起では「伊奈利」 伊  大 示  利
『山城国風土記』稲荷山 標高233m 日本式では 3月23日
餅が白鳥に代わって飛び立ち・・・・ユダヤの聖なる食物の餅
3つの峰(一ノ峰、二ノ峰、三ノ峰)が連なるが、
かつては古墳で、
それぞれに円墳が確認されている。 三女神

三ノ峰からは二神二獣鏡が出土している。
この山々「お山」を中世には
「下ノ塚」「中ノ塚」「上ノ塚」と呼び
一ノ峰(上之社神蹟) - 末広大神
二ノ峰(中之社神蹟) - 青木大神
三ノ峰(下之社神蹟) - 白菊大神
荒神峰(田中社神蹟) - 権太夫大神
間ノ峰(荷田社神蹟) - 伊勢大神
御膳谷遙拝所 - 往古に三ヶ峰に神供をした所と伝えられている
釼石(長者社神蹟) - 社殿の後ろに御神体の剱石があり
       長者社には加茂玉依姫(かもたまよりひめ)を祀る
   
・・・きり がないので・・横道はやめる


宗像大社から内宮の西正宮から門
575.75 km(357.75 マイル)門34.454461, 136.725181
宗像大社から内宮の東正宮
575.75 km(357.75 マイル)東正宮34.455013, 136.725803
宗像大社から外宮の西正宮
573.99 km(356.66 マイル)西正宮34.487244, 136.702954
574.04 km(356.69 マイル)東正宮34.487258, 136.703582
574.05 km(356.70 マイル)

宗像大社から山王
191.01 km(118.69 マイル)34.444389, 132.452951
191.00 km(118.68 マイル)
190.99 km(118.68 マイル)
190.99 km(118.67 マイル)
山王から宗像大社から下記  話がたくさんある・・・
190.98 km(118.67 マイル)最小値
・・・・   ・・・・
191.21 km(118.81 マイル)最大値

山王から香取神宮から下記  話は特に複雑 解る
749.67 km(465.82 マイル)一の鳥居35.887704, 140.511426 直接
751.17 km(466.76 マイル)香取神宮直接
751.31 km(466.84 マイル)石鳥居
751.51 km(466.96 マイル)道入口35.883603, 140.526999
752.72 km(467.72 マイル)一の鳥居35.887704, 140.511426
〒287-0003 千葉県香取市佐原イ 県道55号


◎河邊神社35.266279, 132.900959 イナンナが出てきた
〒699-1331 島根県雲南市木次町上熊谷1462番地1
祭神 久志伊奈太美等與麻奴良比賣命(奇稲田媛命)母
配祀 清之湯山主三名狭漏彦八島篠命・・・子

道入口から河邊神社から氷川神社
612.66 km(380.69 マイル)道入口35.265660, 132.901125
河邊神社から氷川神社
612.59 km(380.65 マイル)氷川神社35.916918, 139.629641+宮
693.13 km(430.69 マイル)香取神宮35.886283, 140.528653+宮
河邊神社から氷川神社から楼門
612.66 km(380.69 マイル)

◎河邊神社から阿須伎神社 悩むな 素戔嗚の長男と次男
22.38 km(13.91 マイル)
22.39 km(13.91 マイル)荒神社35.399272, 132.715677
〒699-0731 島根県出雲市大社町遙堪阿式谷1473

阿須伎神社から美保神社
56.45 km(35.08 マイル)美保神社35.562319, 133.306107
〒690-1501 島根県松江市美保関町美保関608
阿須伎神社から鴨御祖神社
55.35 km(34.39 マイル)鴨御祖神社35.437701, 133.324689
〒683-0832 鳥取県米子市立町4丁目19

阿須伎神社から米子の粟島神社から隋神門
52.52 km(32.64 マイル)
阿須伎神社から宗像大社
266.42 km(165.55 マイル)宗像大社33.831086, 130.514341

◎阿須伎神社から宗像大社から太鼓橋(下記)  完璧
266.52 km(165.61 マイル)太鼓33.831778, 130.513626橋
266.55 km(165.63 マイル)橋33.832003, 130.513399
266.56 km(165.63 マイル)中の道入口33.832044, 130.513355
266.61 km(165.66 マイル)鳥居33.832379, 130.513002

◎阿須伎神社から首相官邸
636.43 km(395.46 マイル)35.673118, 139.742640
〒100-0014 東京都千代田区永田町2丁目3-1
636.93 km(395.77 マイル)御所

◎山王から河邊神社
100.08 km(62.18 マイル)道入口35.265672, 132.901142
100.08 km(62.19 マイル)
100.12 km(62.21 マイル)
100.13 km(62.22 マイル)河邊神社35.266279, 132.900960
100.14 km(62.23 マイル)+宮
100.15 km(62.23 マイル)
山王から河邊神社から道入口
100.19 km(62.26 マイル)
100.20 km(62.26 マイル)
100.21 km(62.26 マイル)

山王から明星山  位置不明 ヨシオ山も不明
558.65 km(347.13 マイル)明星山36.941426, 137.822301
〒949-0462 新潟県糸魚川市小滝
河邊神社から山王から明星山
658.76 km(409.34 マイル)
明星山から河邊神社
479.69 km(298.06 マイル)
明星山から河邊神社から道入口
479.76 km(298.11 マイル)
明星山から安神社から二の鳥居
557.77 km(346.59 マイル)二の鳥居36.941426, 137.822301
明星山から安神社
557.75 km(346.57 マイル)安神社34.443065, 132.465362+宮


◎六所神社35.427305, 133.104233
出雲国総社 元、佐久佐神社  主祭神は青幡佐久佐彦命であった
〒690-0032 島根県松江市大草町496
祭神  改変されている
伊邪那岐命 天照皇大神 月夜見命
伊邪那美命 素盞鳴尊命 大己貴命

六所神社から氷川神社
591.85 km(367.76 マイル)氷川神社35.916864, 139.629664
六所神社から氷川神社の末社 御嶽神社
591.91 km(367.79 マイル)御嶽神社35.916736, 139.630325
〒330-0803 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4丁目1
六所神社から沙沙貴神社 ささき
276.96 km(172.10 マイル)35.136895, 136.134575
276.97 km(172.10 マイル)
277.00 km(172.12 マイル)門から

六所神社から大洲の少彦名神社
219.99 km(136.69 マイル)少彦名神社33.499991, 132.562562+宮
264.68 km(164.46 マイル)空海御廟34.223285, 135.605743
264.64 km(164.44 マイル)その北か納骨堂の西

道入口から六所神社から淡島神社
220.33 km(136.91 マイル)淡島神社34.273678, 135.066497+本殿
道入口35.266279, 132.900959

道入口から淡島神社から六所神社・・・縦に長い宮
220.36 km(136.93 マイル)道入口34.274329, 135.066963
淡島神社34.273638, 135.066377 
〒640-0103 和歌山県和歌山市加太116
祭神 大己貴命
   少彦名命 マルドック
   息長足姫尊エレシュキガル・住吉大神の妻・神功皇后
淡島様は、少彦名命ではなく、
天照大神の6番目の娘の「婆利塞女」であり、
住吉大神の妻だったが、・・・猿田彦と鹿島神
帯下の痼疾があったため棄て去られ、
ここ加太の地に流れ、祀られたという伝承。
そのため、婦人病やお雛様の神と呼ばれている。

婆利塞女
牛頭天王(スサノオ)の后とされる神。・・・経津主は妻で母
波利采女、波利賽女とも表記。
名前の由来は梵語のハリ(水晶の意)
水晶山  日 日 日  の神
頗梨采女は、祇園社の本殿西御座に祀られていたが、
明治以後の八坂神社では、奇稲田姫として東御座に祀られている。
娑伽羅龍王(しゃかつらりゅうおう エンリル)の娘
八王子神(八将神)の母である・・・素戔嗚の母だから
牛頭天王の后で娑伽羅竜女といい八王子ら84654神が誕生・・数字文字?

・加太春日神社34.275258, 135.074634
〒640-0103 和歌山県和歌山市加太1343
祭神 天児屋根命 マルドック少彦名
   武甕槌神 ネルガル 鹿島神
   経津主神 エレシュキガル 磐長姫 天照大御神
配祀 天照大神
   住吉大神  猿田彦 鹿島神 少彦名(医療の神)
境内社として『和歌山県神社誌』には
稲荷神社、賽神神社、須佐神社、蛭子神社、八幡神社、
八王子神社、布留神社、白龍神社の名が載っている。

加太春日神社から命主社
251.15 km(156.06 マイル)命主社35.401010, 132.688695
251.16 km(156.06 マイル)
加太春日神社は本殿が分かれているようだ
エンリルの子が経津主神(母ニンマー)と武甕槌神(母ニンガル)

神武天皇(エンリル)の御代、
天道根命(エンリル)が二種の神宝(二人の子の)を奉載して
加太浦に来られた時、
鎮宮を設けて天照大神(娘・経津主)を祀ったのが
起源であるという。
『和歌山県神社誌』によると、
紀伊国神名帳に「正一位 春日大神」とある古社。・・・◎
婆利塞女(経津主)は住吉大神の妻だったが、・・・三人の妻
帯下の痼疾があったため(猿田彦)に棄て去られ、・・・合っている
ここ加太の地に流れ、
祀られたというもの。
春日大神は後付け
猿田彦は経津主に 生口のあくど蛙のお化けにされる


◎沙沙貴神社ささき 35.136895, 136.134575
〒521-1351 滋賀県近江八幡市安土町常楽寺1
祭神 少彦名命 
一座・少彦名命 - 祖神・産土神
二座・大彦命(大毘古神) 古代沙沙貴山君の祖神・四道将軍
三座・仁徳天皇(大鷦鷯尊) 沙沙貴にゆかりある祭神
四座・宇多天皇・敦実親王 宇多源氏・佐々木源氏・近江源氏の祖神
磐境 - 少彦名命・沙沙貴山君を祀る

神代に少彦名神を祀ったことに始まり、
古代に沙沙貴山君が大彦命を祭り、
景行天皇が志賀高穴穂宮遷都に際して
大規模な社殿を造営させたと伝わる

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック