宇宙樹の存在

526 宇宙樹の存在


今 このブログを見られている方は
人類史の 二大 聖人の
生きざまを 見ている

紀平梨花 
利の木の花
救世主の木の花

・・・

安寧天皇陵から宇都宮二荒山神社
437.37 km(271.77 マイル)36.562732, 139.885807
305.23 km(189.66 マイル)日御碕神社の神の宮35.429730, 132.629869
305.55 km(189.86 マイル)日御碕神社下之宮 経島35.430467, 132.626474
〒699-0763 島根県出雲市大社町日御碕451
前549年~前511年
安寧天皇陵34.490196, 135.777241
〒634-0829 奈良県橿原市吉田町252

日御碕神社の上の本社(神の宮)は
安寧天皇13年(紀元前536年)、
勅命により祀られる・・・小野氏・・・


宇都宮二荒山神社(うつのみやふたあらやま)
〒320-0026 栃木県宇都宮市馬場通り1丁目1
創建 (伝)仁徳天皇41年(353年)
日御碕神社の神の家から宇都宮二荒山神社
664.64 km(412.99 マイル)
664.66 km(413.00 マイル)二荒山神社36.562744, 139.885804+宮
神の家35.429716, 132.629843
日御碕神社の神の家
〒699-0763 島根県出雲市大社町日御碕455
祭神  神素盞嗚尊 キリスト ブッダ 本名 ウツ
上の本社(神の宮)は3代安寧天皇13年(紀元前536年)、
勅命により祀られる
下の本社(日沈の宮・日沉の宮、ひしずみのみや)は
天暦2年(948年)、村上天皇勅命により祀る

宇都宮二荒山神社は 
ウツ(スサノオ)の宮の二荒山神社という意味になり
祭神 豊城入彦命 10代崇神天皇皇子。は おかしい
母は荒河戸畔の娘の遠津年魚眼眼妙媛
(とおつあゆめまぐわしひめ)

いつから祭神 宇都宮大明神 から祭神 豊城入彦命に代わったか
主祭神については、
時代によって彦狭嶋王、御諸別王(彦狭嶋王の子)、
事代主命、健御名方命、日光三所神など諸説ある。
江戸期には日光山大明神と称されたこともあり、
天保14年(1843年)には大己貴命、事代主命、健御名方命が
祭神であった
「宇都宮」という地名は当社に由来するものとされる。
本殿の左側には、
三穗津姫命を祀る女体宮が附属物のように鎮座している。

下記の末社はすべてスサノオの一族で
崇神天皇(孝霊天皇)は それを滅ぼした一族で

宇都宮二荒山神社
・神門内の末社
女体宮 - 祭神:三穂津姫命・・・・・ここだけ異色
須賀神社 - 祭神:素戔嗚命ウツ
市神社 - 祭神:大市姫命
十社宮 - 祭神:下野国内の式内社の神?
初辰稲荷神社 - 祭神:倉稲魂命ニンリル
・表参道左手の末社
剣宮 - 祭神:素戔嗚命ウツ
菅原神社 - 祭神:菅原道真エンリル
十二社 - 祭神:国常立神ほか12柱、例祭:9月15日
・表参道右手の末社
松尾神社 - 祭神:大山咋神・中津嶋姫命
荒神社 - 祭神:素戔嗚命ウツ
水神社 - 祭神:罔象女神ニンリル
・裏参道の末社
東照宮 - 祭神:徳川家康公エンリル


崇神天皇陵から宇都宮二荒山神社
427.74 km(265.79 マイル)崇神天皇34.557305, 135.849794
崇神天皇陵から明治天皇陵
42.69 km(26.52 マイル)
孝霊天皇陵から明治天皇陵
39.29 km(24.42 マイル)
明治天皇陵から命主社
285.78 km(177.57 マイル)命主社35.401025, 132.688683
231.63 km(143.93 マイル)御皇城山皇祖皇太神宮36.693095, 137.163138
42.96 km(26.69 マイル)白髭神社42.96 km(26.69 マイル)
42.91 km(26.66 マイル)琵琶湖鳥居42.91 km(26.66 マイル)


道入口から粟島神社から明治天皇陵
233.29 km(144.96 マイル)道入口35.444810, 133.294026
少彦名神社から明治天皇陵
336.30 km(208.96 マイル)33.500015, 132.562537
515.55 km(320.35 マイル)少彦名神社(薬祖神)33.585764, 130.413815
98.59 km(61.26 マイル)淡嶋神社34.273654, 135.066438  ここで確定

信じられんね 
廃仏毀釈を命令したのが 造った本人だから
隠滅する行為になり 評価は落ちた
逆にみると 最も効果のある寺社群を消したことになる・・
明治維新で 変えられたものを 探せばよいことになる
空海ではない あれが復活をしている 
中山茶臼山古墳の復活であるから
明治からの歴史は 決まっていた
178.57 km(110.96 マイル)

◎明治天皇陵から吉備津神社の本宮神社
178.81 km(111.11 マイル)本宮神社34.668695, 133.850117・・・強烈
〒701-1341 岡山県岡山市北区吉備津1586

祭神 大吉備津彦命マルドック 隠れ経津主 孝霊天皇
本宮祭神は 中々 ここの中心人物・・・・・・・・・・・・・崇神天皇はいないのでは・・・
行燈山は皮肉タップリ

本殿裏には、一童社(菅原道真・天鈿女エレシュキガル経津主)。

蚊屋島神社から吉備津神社の本宮社
95.66 km(59.44 マイル)本宮社34.668586, 133.850036
祭神・・・

日本書紀によれば、祭神・大吉備津彦命は、第十代崇神天皇の御代、
朝廷に従わない遠国の平定のため派遣された、
皇族の四人・四道将軍の一人。
西道(山陽道)に派遣された大吉備津彦命は、
美作・備前・備中・備後を平定し、「吉備国」とした。

古事記によれば、
第七代孝霊天皇の皇子・比古伊佐勢理比古命(大吉備津彦命)は、マルドック
弟・若日子建吉備津彦命と協力して、ネルガル
吉備の国を平定した。
社伝では、その後、
吉備の中山の麓に「茅葺宮」を造って住み、
281歳の時、この宮で薨じ、
墓は中山山頂に造られた。
五代の孫である加夜臣奈留美命は、
「茅葺宮」に社殿を建てたのが、
当社の起源とされている。

出雲国造神賀詞(かんよごと)に出てくる神様、「賀夜奈流美命」
少彦名マルドックの妃にされた 出雲大社の経津主

蚊屋島神社35.437881, 133.380049
〒689-3553 鳥取県西伯郡日吉津村日吉津354 蚊屋島神社
賀夜奈流美命・・・・
祭神 天照皇大神、高比売命(たかひめのみこ)・・・経津主
主神、金山彦神・・・マルドック
ここで生活しているね 邪馬台国は
男系は殺され乗っ取られた
隠したいのは 魔族が ・・・
だから 大乱になっていく

蚊屋島神社から
647.60 km(402.40 マイル)香取神宮35.886263, 140.528645
657.29 km(408.42 マイル)鹿島神宮35.968737, 140.631551
657.26 km(408.40 マイル)

祭神の伝承で、もっとも有名なものが、温羅退治である。
百済の王子ともされる温羅と祭神の死闘は、
多くの遺蹟に物語られている。

温羅がスサノオ・キリスト・仏陀で
その反対勢力(魔族)のクーデターであり
邪馬台国の大国主が狗奴国(ヒミココ)に征服された。

改変された理由は救世主が殺されたことの露顕から
彼らが魔王派のクーデターであること・・・・
卑弥呼の死亡は 全く 架空の別の案件に変えられている
石長姫でもあるから 死亡ではなく 
戒めの消えた魔女になっている・・・

・・・・・吉備の戦争の中心の話題・・・・

「雨月物語」の「吉備津の釜」は、この鳴釜神事を題材とした怪談話。

吉備の井沢庄太夫という武士は、
放蕩な日々を送っていた。
両親は心配し、「良家の娘」を娶らせる事にし、
吉備津宮神主香央家の娘・磯良と結納を交わす。・・・磯良ネルガル・・・皮肉の極み
     磯良恵比須 34.379529, 129.311153
    〒817-1201 長崎県対馬市豊玉町仁位55 豊玉姫

婚礼の前に、釜祓によって吉凶を占ったが御釜は鳴らず、
これは、凶兆であるのだが、
すでに用意の整った後なので、
そのまま、婚礼を執り行った。

ところがその後、礒良を騙して金を得、
庄太夫は遊女の袖と駆け落ち。
恨みに思った礒良の生霊は、袖を呪い殺し、
鬼女となって、庄太夫の前に現れ、
隠れていた庄太夫を連れ去った。・・・・経津主の鬼女

・・・・

仲哀天皇2年、1月に立后。・・・スサノオは新羅の王子
天皇の熊襲征伐に随伴する。
仲哀天皇9年2月の天皇崩御に際して遺志を継ぎ、
3月に熊襲征伐を達成する。
同年10月、海を越えて新羅へ攻め込み百済、・・・・元々 新羅の王の妃
高麗をも服属させる(三韓征伐)。・・・猿田彦の国 金蛙
12月、天皇の遺児である誉田別尊を出産。・・・元は猿田彦(住吉大社)の妻 
翌年、誉田別尊の異母兄である香坂皇子、
忍熊皇子を退けて帰国。
摂政となり誉田別尊を太子とした。
誉田別尊が即位するまで
政事を執り行い聖母(しょうも)とも呼ばれる。・・・元々 聖母マリア

半島は新羅が征服
日本は雄略天皇するも 大乱へ

経津主の夫・猿田彦・・・子・スサノオ
経津主の夫・スサノオ・・・子で夫である
誉田別尊は 前の夫・猿田彦の子・・・経津主の親子丼
十戒石板から 嘆きになっていく

優性遺伝子を残そうと 必死な姿

・・・・・

創建は、社伝では仁徳天皇41年(353)
下毛野国造奈良別王が、
祖である豊城入彦命を荒尾崎に祀ったとある。
また、豊城入彦命自身が東国下向の際に、
御諸山の大神を祀ったという説もある。

氷川神社の創建は、社伝では5代孝昭天皇三年(BC473年)の四月
武蔵國一宮の氷川神社から下野國一宮の宇都宮二荒山神社から鳥居
75.55 km(46.94 マイル)鳥居36.561389, 139.885918
完璧確定した

創建 (伝)仁徳天皇41年(353年)の一族は
神功皇后(出雲大社の経津主)だからスサノオ派になる・・・
判定結果は 改神させられている

杜屋神社もりや34.122972, 130.911364  モリヤ
〒759-6312 山口県下関市豊浦町黒井杜屋町1541
祭神 三穂津姫神ニンガル
配祀 仲哀天皇 応神天皇 神功皇后
杜屋神社から富士山本宮浅間大社
714.44 km(443.94 マイル)浅間大社35.227606, 138.610002

唐王神社から富士山本宮浅間大社
468.29 km(290.99 マイル)浅間大社35.227624, 138.610018+宮
468.26 km(290.96 マイル)

隋神門から杜屋神社から出雲大社本殿の筑紫社
215.63 km(133.99 マイル)隋神門34.123247, 130.911177
筑紫社35.402005, 132.685153





豊城入彦命の墓の所在は不明。
群馬県前橋市の総社二子山古墳では、
1870年(明治3年)まで豊城入彦命の墓として
墓丁が置かれたという。
しかし調査により古墳は6世紀末の築造とされ誤りと判断された。
また、同じく前橋市に所在する大室古墳群にあてる説もある。
茨城県石岡市には市内の丸山古墳が
命の墓であるとの伝承が残っている。

神原神社
島根県雲南市加茂町神原1436
祭神が磐筒男命・磐筒女命・・・経津主のこと
魏の「景初三年」(239年)の銘が鋳出された三角縁神獣鏡があった。
卑弥呼の鏡
「景初三年(西暦239年)」には、
邪馬台国の女王・卑弥呼が、
魏の明帝に使者を派遣し、
明帝から銅鏡100枚を賜ったと
「魏志倭人伝」に記載があることから、
その中の1枚ではないかとする説もある。
景初三年銘がある三角縁心神獣鏡は、
現在までのところ2面
和泉黄金塚古墳がもう一枚目の鏡。

和泉黄金塚古墳34.514078, 135.456894  経津主は確定
〒594-0011 大阪府和泉市上代町
景初三年銘の鏡の和泉黄金塚古墳から神原神社
251.15 km(156.05 マイル)神原神社35.346523, 132.895801

和泉黄金塚古墳から石畳神社御神体:磐座
160.36 km(99.64 マイル)磐座34.702109, 133.719658
271.17 km(168.49 マイル)出雲大社本殿35.402024, 132.685470

和加布都努志が「天の下造らしし大神の御子」
磐裂根裂神の子磐筒男・磐筒女が生める子、経津主神、是佳けむ
物部氏の奉ずる経津主神は、その若いワカフツヌシ命
風土記出雲郡美談郷条に美談神社の和加布都努志
弥太弥社
県神社の和加布都努志神社
比売遅神社 比売遅神
八幡宮 息長足姫
http://www.genbu.net/data/izumo/mitami_title.htm

神御前神社34.533621, 135.847492
〒633-0073 奈良県桜井市茅原
祭神 倭迹迹日百襲姫命

神御前神社から出雲大社本殿
◎303.86 km(188.81 マイル)本殿35.402024, 132.685469
神御前神社から宗像大社
◎496.69 km(308.63 マイル)宗像大社33.831068, 130.514359
311.34 km(193.46 マイル)山王古墳跡34.444319, 132.452033
須佐神社の天照社から箸墓古墳
293.33 km(182.26 マイル)34.539243, 135.841237
天照社から道入口(下記)から箸墓古墳
293.51 km(182.38 マイル)道入口35.234223, 132.737765
293.36 km(182.28 マイル)白南天35.233850, 132.738471?
天照社35.233781, 132.738663
〒693-0503 島根県出雲市佐田町須佐731伊勢宮(上の御前)
須佐神社本殿から箸墓古墳
293.51 km(182.38 マイル)天照社と同じ

・・・・・・
ここで 古代史は あっと ひっくり返る・・・
邪馬台国が確定していまう・・・
出雲大社のホームページの内容から
http://www.izumooyashiro.or.jp/precinct/keidai-index/gohonden

御本殿の高さは8丈(24メートル)にも及び、
“大社造”と呼ばれる日本最古の
神社建築様式を今に伝えています。
その特徴は切り妻、妻入りの構造で、
平面は九本の柱が田の字型に
配置された正方形の間取りとなっています。
その中心には心御柱と称する太柱があり、
その正面向かって右側の側柱との間は
板壁となって殿内が仕切られ、
この壁の奥に大国主大神が
御鎮座されている御内殿(御神座)があります。
従って、御神座は御本殿と同じ南向きではなく、
西向きになります。
御内殿の前室には板壁に接して御客座があり、
・天之常立神ラクササス王 アークトゥルス王
・宇麻志阿斯訶備比古遅神 宇宙樹の存在のアンツ妃か猿田彦
・神産巣日神エンリル
・高御産巣日神エンキ
・天之御中主神アヌ王
の別天神5柱の神をお祀りしており、
又、中心の柱である心御柱の近くには・・・女王
大国主大神(神産巣日神)の御子神である・・
和加布都努志命(牛飼神)・・・
がお祀りされています。

間山豊富神社から白髭神社
266.59 km(165.65 マイル)白髭神社35.274549, 136.011032
266.61 km(165.66 マイル)琵琶湖赤鳥居
266.62 km(165.67 マイル)から琵琶湖の岸

長野県中野市大字間山字宮上262
間山豊富神社から白山比咩神社本殿
158.66 km(98.59 マイル)本殿36.434836, 136.636551
祭神 天照皇大神エレシュキガル経津主
配祀 罔象女命
   宇麻志葦牙彦舅神うましあしかびひこぢのかみ

・・・・・

神御前神社から神原神社
283.82 km(176.36 マイル)神原神社35.346527, 132.895801
283.83 km(176.37 マイル)神原神社35.346527, 132.895801+宮

卑弥呼の死去 242年~248年
神功皇后(経津主 天照大御神)の時であり
別名 石長姫(イワナガヒメ磐長姫)の長命の女神
14代天皇 仲哀天皇がウツで
崩御 仲哀天皇9年(200年) 52歳

10代 崇神天皇BC97年からBC30年 が吉備を攻めている
11代 垂仁天皇BC29年から70年
  エンキ系は止まる
12代 景行天皇のエンリル
14代天皇 仲哀天皇
14代の皇后・神功皇后の女帝
   201年(神功皇后1年)から269年(神功皇后69年)
15代 応神天皇
270年から312年
16代 仁徳天皇
313年から 399年

大祓詞(おおはらえことば)の言霊

天津罪、国津罪様々な罪が生まれるでしょう。
その罪を消してしまう大祓という儀式をする準備をし、
天津祝詞という天上から伝わった神聖な祝詞を唱えると、
このような罪は、まるで朝の風や夕の風が吹きとばすように、
鎌でばっさりと切り払われるように、消えていくだろう。
こうして消えた罪や穢れは、
瀬織津姫、速開津姫、気吹戸主、速佐須良比咩
が消し去ってくれるだろう。

インドから帰還してきた瀬織津姫(埴安姫)は
元の夫エンキと子・少彦名マルドックたちが 
救世主シロ(スサノオ)を
殺害していたことに
愕然とする・・・


率土神社(そっと) 35.426745, 139.969137
〒299-0257 千葉県袖ケ浦市神納3382
祭神 埴安姫(ニンマー瀬織津姫・経津主の母)は・・・・
天竺(インド)摩伽陀国磐古帝の后であったが、
磐古帝の悪政によって国が乱れ、・・磐古・古の磐
人民に国を追われて七人の王子と・・・
家臣大朝臣清麻呂とともに・・・・大朝臣清麻呂
養老二年(718年)に日本に漂着した。


佐久奈度神社さくなど
滋賀県大津市大石中1-2-1
祭神 瀬織津姫命ニンマー
   速秋津姫命 ニンリル水門を守る神
   氣吹戸主命 エンリル
   速佐須良姫命 エレシュキガル
       早吸日女神社はやすいひめ

創建 天智天皇8年(669年)勅願により、
中臣金(なかとみ の かね)が祓戸の神を祀ったのが創始である。
鎌足の従兄弟にあたる。
天智天皇、大友皇子(弘文天皇)に重臣としてつかえ、
壬申の乱で敗れて処刑された。
冠位は大錦上・右大臣。wiki/中臣金

38代天智天皇 668年2月20日から672年1月7日
    皇后 倭姫王ニンリル
  クーデターの乙巳の変(645年7月10日皇極天皇4年)の後
  大化元年9月12日(645年10月7日) 、
  父・古人大兄皇子(ふるひとのおおえのみこ)が謀叛の疑いで
  中大兄皇子(後の天智天皇)に攻め殺される。
  天智天皇7年2月23日(668年4月10日)、
  中大兄皇子が天皇に即位したことにより大后となる。
  wiki/古人大兄皇子

天智天皇皇后 倭姫王の陵 
木ノ岡丸山古墳35.078884, 135.883040 東側が崩れている
木の岡本塚古墳(下坂本陵墓参考地)
所在地:滋賀県大津市木の岡町丸山
〒520-0103 滋賀県大津市木の岡町30-17
木ノ岡丸山古墳から白木山の麓の迎接院曼陀羅寺
313.73 km(194.94 マイル)迎接院曼陀羅寺34.512614, 132.516965

元の道入口から山王から倭姫王の陵 
321.23 km(199.61 マイル)元の道入口34.443947, 132.453023
 まいったなー  ラクササス王がニンリルに憑かせた

もう一人の倭姫命(やまとひめのみこと。生没年不詳)
第11代垂仁天皇の第4皇女。
母は皇后日葉酢媛命。
天照大神を磯城の厳橿之本(笠縫神社、檜原神社比定)に
神籬を立てて、
垂仁天皇25年3月丙申、
伊勢の地に祀った(現・伊勢神宮)皇女とされ、
これが斎宮の直接の起源であるとも伝えられている。

宇治山田陵墓参考地34.487684, 136.721010 ニンリル
〒516-0032 三重県伊勢市倭町
宇治山田陵墓参考地から山王古墳跡
391.36 km(243.18 マイル)古墳跡34.444312, 132.452045
391.30 km(243.14 マイル)山王
391.29 km(243.14 マイル)
391.29 km(243.13 マイル)玄関古墳34.444372, 132.452872
385.26 km(239.39 マイル)上原八幡宮34.513432, 132.516724
575.75 km(357.75 マイル)宗像大社入口33.832432, 130.512906
 ここは六連続57だから 確定だ

 魔王 崇神天皇の家に 
 天使族の神は 祀れないだろう・・・・
 今の天皇が どちらかが 問題なので
 ここは 公表できないので
 皆さんが 判定していただきたい

聖母マリアの嘆きと戒めは
そこを 今は 消されつつある
宗教画にもなっており・・・林ひろし氏の話
猿田彦の蛭子神の蛭は血を吸う山蛭にもなり
それぞれが 戒めを知って
神になっている・・・
神坂峠祭祀遺跡35.472611, 137.632265

戒めのダガがはずれたのが
ヤコブの遺言の文言の
激しい気性が故・・・云々・・
呪われるから一族に散らされた

 娘ニンリルが 母親エレシュキガル経津主・天照大御神の
 家探し している

・伊勢神宮を創祀したときの天照大神から倭姫命への神託
「伊勢は常世の国からの波が何重も寄り来る国であり、
辺境ではあるが美しい国なのでこの国に鎮座しよう」

ここで天使族と魔族は離縁してしまった・・・・
魔族には 魔や不幸や災害や死や生贄を良しとし、
魔が忍び寄るのは 当たり前で


39代弘文天皇672年1月9日-672年8月21日(天智天皇10年7月23日)
    天智天皇の大友皇子のこと
40代天武天皇 673年3月20日 - 686年10月1日
   皇后 鸕野讃良皇女(持統天皇)


大友皇子の妃・耳面刀自媛の
内裏塚古墳35.325980, 139.857185 エレシュキガル経津主
〒293-0002 千葉県富津市二間塚 富津市二間塚字東内裏塚

内裏塚古墳から香取神宮
86.98 km(54.05 マイル)香取神宮35.886250, 140.528651
642.59 km(399.29 マイル)朝山神社35.319408, 132.772806
640.29 km(397.86 マイル)美談神社35.411031, 132.794936
655.56 km(407.34 マイル)経島35.430679, 132.625971
〒699-0763 島根県出雲市大社町日御碕451

内裏塚古墳から山王  エレシュキガル経津主憑き
682.29 km(423.96 マイル)山王34.444344, 132.452735
  ここは そのまま ズバリ エレシュキガル経津主憑き

そしたら 今の私は
山王から香取神宮の先祖のラクササスの匝瑳神社
751.15 km(466.74 マイル)匝瑳神社35.886203, 140.528382
〒287-0017 千葉県香取市香取1697

救世主を殺害してしまったエンキ一族の
マルドック ネルガル ニンガル エレシュキガル
イドの子エンキ小野神社
ニンマーの子マルドック(父エンキ)
ニンマーの娘ニンガル(父エンキ)
ニンマーの娘エレシュキガル(父エンリル)朝山神社
ニンガルの子ネルガル(父エンリル)上賀茂神社

頭の転換が必要か・・・・
どこかの新興宗教の救世主では ないからね
幾何考古学の古代史の考査だから
12000年前のスフィンクスに 尋ねる
四苦八苦から解放された世界がアークトゥルスだもの・・・

スフィンクスの頭の中心から高千穂峰
9,119.35 km(5,666.50 マイル)高千穂峰31.886142, 130.918996
9,119.36 km(5,666.51 マイル)高千穂峰31.886051, 130.919042
スフィンクスの頭の中心29.975280, 31.137709

酒井勝軍の予言どおり 合っている
謎解き古代文明の作者ASIOSは 訂正が必要になる
ただ 救世主シロはスサノオで
再降臨は今だがね
たぶん 今までの白とも 
過去未来を知り 
かなり 違うだろうか

スフィンクスの足先から頭の中心から山王仏壇
9,097.06 km(5,652.65 マイル)仏壇34.444333, 132.452728
スフィンクスの足先29.975312, 31.137942
スフィンクスの頭29.975282, 31.137699

スフィンクスの中心(腹)から山王仏壇
9,097.06 km(5,652.65 マイル)
スフィンクスの中心(腹)29.975276, 31.137517

スフィンクスの頭からニンマー玄関古墳東端
9,097.06 km(5,652.65 マイル)古墳東端34.444386, 132.452956

スフィンクスの頭から玄関から仏壇
9,097.06 km(5,652.65 マイル)

スフィンクスの頭から今の山王の道入口
9,097.06 km(5,652.65 マイル)道入口34.444259, 132.452908

スフィンクスの足先から昔の山王の道入口
9,097.06 km(5,652.65 マイル)道入口34.444001, 132.452978
〒731-0137 広島県広島市安佐南区山本9丁目31-3
〒731-0138 広島県広島市安佐南区祇園4丁目36-2

スフィンクスの頭から厳島神社の白南天(前の石燈籠)
9,094.99 km(5,651.36 マイル)
白南天(前の石燈籠)34.296261, 132.319464

スフィンクスの頭から厳島神社の玉殿(六殿ある)
9,095.06 km(5,651.41 マイル)玉殿34.295823, 132.320042
9,094.99 km(5,651.36 マイル)白南天(前の石燈籠)

赤の大鳥居の中心34.297305, 132.318121
厳島神社の
赤の大鳥居から白南天(前の石燈籠)
169.16 m(555.00 フィート)火焼前34.296257, 132.319458
169.17 m(555.01 フィート)
169.18 m(555.05 フィート)石燈籠34.296256, 132.319456
169.21 m(555.15 フィート)
169.19 m(555.10 フィート)34.296253, 132.319456
182.88 m(600.01 フィート)高舞台34.296173, 132.319564
182.89 m(600.02 フィート)
185.66 m(609.13 フィート)狛犬34.296158, 132.319589
192.74 m(632.36 フィート)祓殿34.296119, 132.319647
193.00 m(633.19 フィート)
193.04 m(633.32 フィート)
193.88 m(636.09 フィート)
241.41 m(792.04 フィート)玉殿34.295831, 132.320050
280.60 m(920.62 フィート)陸34.295583, 132.320354
290.60 m(953.40 フィート)道34.295519, 132.320430
301.63 m(989.60 フィート)川の際34.295450, 132.320514
333.66 m(1,094.69 フィート)宝蔵の道34.295281, 132.320803
555.99 m(1,824.10 フィート)三叉路34.294277, 132.322936
X路34.295515, 132.320449
赤の大鳥居の中心からX路から大聖院の川の手前の石段前
609.90 m(2,001.00 フィート)石段前34.292923, 132.318986
628.99 m(2,063.60 フィート)橋34.292760, 132.318924
756.00 m(2,480.30 フィート)摩尼殿34.291762, 132.318244

大聖院の摩尼殿34.291784, 132.318230
宮島の大聖院の摩尼殿から北道入口から瀬織津姫神社
465.89 km(289.49 マイル)北道入口36.513332, 136.676759
宮島の大聖院の摩尼殿から多家神社
21.12 km(13.12 マイル)多家神社
21.13 km(13.13 マイル)多家神社34.396023, 132.510544+本殿

道入口から宗像大社から氷川女体神社
868.00 km(539.35 マイル)
道入口33.832426, 130.512956
宗像大社33.831046, 130.514385
道入口から宗像大社から氷川女体神社から橋
868.06 km(539.39 マイル)橋35.886577, 139.694357

道入口から唐王神社から氷川女体神社から橋
565.29 km(351.25 マイル)唐王神社35.478990, 133.455323
氷川女体神社から備中国總社宮
555.51 km(345.18 マイル)鳥居34.676893, 133.754889

多氣比賣神社36.032166, 139.570262
〒363-0003 埼玉県桶川市篠津58
創立は、3代安寧天皇   多摩市の小野神社と古い
祭神は豊葦建姫命なり、
 神体は女体にて十二単衣冠の座像
『惣国風土記七十七残欠』拷機千々比売

道入口から多氣比賣神社から備中国總社宮
548.54 km(340.85 マイル)備中国總社宮34.676893, 133.754889
548.55 km(340.85 マイル)34.676984, 133.753698

多氣比賣神社(+宮)から白木山神社
656.66 km(408.03 マイル)白木山神社34.521282, 132.575450
656.65 km(408.02 マイル)
多氣比賣神社36.032180, 139.570254

白木山神社(白木山)から氷川女体神社
664.16 km(412.69 マイル)氷川女体神社35.886956, 139.693681
664.16 km(412.69 マイル)白木山
〒739-1521 広島県広島市安佐北区白木町大字三田

氷川女体神社から古烏神社
509.15 km(316.37 マイル)
多氣比賣神社から鳥居から古烏神社
505.95 km(314.38 マイル)鳥居33.923741, 134.648283

古烏神社こがらす33.923842, 134.648315
徳島県阿南市宝田町川原64
大宝二年(702)と伝えられる。
「讃岐の白鳥、阿波の黒烏」との伝承は往年の神威の一端を示す
祭神 建比賣命ニンリル
『阿波國式内社考』
高姫、あるいは下照姫、
あるいは埴安比賣(=建島女祖神)ニンマー
他説に、豊葦建姫命 ニンリル
    高比賣
    大倉比賣など


◎吉備津彦神社から米子の粟島神社
99.92 km(62.09 マイル)粟島神社35.443893, 133.292131
〒683-0854 鳥取県米子市彦名町1405

鹿島神宮から吉備津彦神社の鳥居の前の橋
630.63 km(391.86 マイル)前の橋34.677554, 133.865405
630.75 km(391.93 マイル)白南天34.676978, 133.864281
高石灯篭の白南天で手水舎も一緒にある・・特殊だね

春日山山頂の本宮神社から吉備津彦神社
181.88 km(113.01 マイル)本宮神社34.681476, 135.852522
摂社 本宮神社
武甕槌命  ネルガル鹿島神宮・上賀茂神社
經津主命  エレシュキガル香取神宮・天照大御神・聖母マリア
天兒屋根命 マルドック少彦名・空海


佐久奈度神社さくなど
滋賀県大津市大石中1-2-1
祭神 瀬織津姫命ニンマー
   速秋津姫命 ニンリル水門を守る神
   氣吹戸主命 エンリル
   速佐須良姫命 エレシュキガル
       早吸日女神社はやすいひめ

合祀 大山咋神
中臣大祓詞創始の社

社伝によると、天智天皇八年(669年)、
朝廷が明日香より大津宮へ移ったのを期に、
天皇の勅願によって右大臣中臣金連を勅使とし
八張口(桜谷)で修祓した地に神殿を設け、
「祓戸大神三神」を祀ったのが当社の創祀。
現在は、祓戸四神を祀っている。

意布伎神社35.600757, 134.918569
〒629-3449 京都府京丹後市久美浜町油池
祭神 氣吹戸主神
命主社から意布伎神社
203.09 km(126.19 マイル)意布伎神社35.600733, 134.918516+宮
命主社35.401017, 132.688672

賣布神社めふ35.466632, 133.058791
〒690-0005 島根県松江市和多見町81
祭神 速秋津比賣神
賣布神社から宗像大社
295.36 km(183.53 マイル)33.831064, 130.514382

清水神社
長野県長野市真島町大字真島字藏王沖2234-3
祭神 秋津比賣神
清水神社から白木山
559.45 km(347.63 マイル)白木山34.521294, 132.575525

早吸日女神社 関の権現様33.249965, 131.879333
〒879-2201 大分県大分市佐賀関3329
早吸日女神社から沖津宮
197.76 km(122.88 マイル)沖津宮34.241899, 130.104002
234.23 km(145.54 マイル)石畳神社御神体34.702031, 133.719690
251.95 km(156.56 マイル)
     日御碕神社の下の宮35.429631, 132.629087

舳倉島の奥津比咩神社から石畳神社
451.75 km(280.71 マイル)石畳神社34.701917, 133.720997+宮
472.74 km(293.74 マイル)須佐神社35.234733, 132.736815+宮
472.66 km(293.69 マイル)天照社35.233797, 132.738668
〒693-0503 島根県出雲市佐田町須佐731天照社
奥津比咩神社37.845973, 136.913675
祭神 田心姫命エレシュキガル経津・天照大御神
〒928-0072, 海士町 輪島市 石川県 928-0072
大和田神社(素戔嗚命)が鎮座天照社


神社の縁起によれば、紀元前667年に、
神日本磐余彦尊(かむやまといわれひこのみこと、後の神武天皇)
が東征の途中で速吸の瀬戸(豊予海峡)を通りかかった折りに、
海女の姉妹の黒砂(いさご)・真砂(まさご)の二神が、
潮の流れを静めるために
海底から大蛸が護っていた神剣を取り上げて
神日本磐余彦尊に奉献したところ、
神日本磐余彦尊自らがこの剣を御神体として、
祓戸(はらへど)の神(速吸日女)を奉り、
建国を請願したのが始まりであるとされる

景行天皇の美しい玉の話は速来津姫:はやきつひめ



宮島の大聖院の摩尼殿から元の佐久奈度神社
336.23 km(208.92 マイル)34.912043, 135.913931
336.23 km(208.93 マイル)34.912025, 135.913941
宮島の大聖院の摩尼殿34.291774, 132.318220

日御碕神社の神の宮から佐久奈度神社
303.98 km(188.88 マイル)鳥居34.911574, 135.913696
神の宮35.429714, 132.629847


吉備と出雲の經津主命は征服された方で?おかしいが
率土神社の時間は718年だから
何世代も後の瀬織津姫ニンマーだが


率土神社(そっと) 35.426745, 139.969137
〒299-0257 千葉県袖ケ浦市神納3382
祭神 埴安姫(ニンマー瀬織津姫・経津主の母)は・・・・
天竺(インド)摩伽陀国磐古帝の后であったが、
磐古帝の悪政によって国が乱れ、・・磐古・古の磐
人民に国を追われて七人の王子と・・・
家臣大朝臣清麻呂とともに・・・・大朝臣清麻呂
養老二年(718年)に日本に漂着した。
時の元正天皇のよって京に迎えられた后は、
東国の民を鎮める為に下向した。
天豊媛命と名を賜り、養老二年四月に
京を発し上総国望陀郡飫富の里に着いた。
土地の人々に迎えられた后は、
神納の地に社殿を建てて住みつき
天平二年(730)に六三歳で没した。
聖武天皇は大明神埴安尊と尊号を下された。

41代持統天皇690年2月14日 - 697年8月22日
42代文武天皇697年8月22日 - 707年7月18日
     祖母・持統太上天皇の院政
43代元明天皇(女帝) 707年8月18日 - 715年10月3日
44代元正天皇(女帝) 715年10月3日 - 724年3月3日
45代天皇 聖武天皇 724年3月3日 - 749年8月19日
    皇后 藤原光明子ニンリル

隋神門(下記)から出雲の長浜神社から率土神社
660.66 km(410.51 マイル)隋神門35.346094, 132.681385
660.90 km(410.66 マイル)道入口35.347138, 132.683721
長浜神社35.345929, 132.680940
率土神社から出雲の長浜神社
660.60 km(410.48 マイル)稲荷社35.346358, 132.681074

ニンマーの帰還が養老二年(718年)で 春日大社に影響する・・・

春日大社は和銅二年(709年)、
藤原不比等によって、
常陸国鹿島から藤原氏氏神・武甕槌命を勧請し、
春日神として祀ったのが創祀。

神護景雲二年(768年)に社殿の造営となり、・・・絡んでいる
・香取神(經津主命)
・枚岡神(天兒屋根命)
を合祀し、少し遅れて
・比売神
を合祀し、
四柱を祀る官社となった。

マルドックとエレシュキガルの母親神ニンマー瀬織津姫の帰還が
殺し合った二人が 憎み合った二人が
母ニンマーの子であった 嘆き
エンキとエンリルへの瀬織津姫の怒りは
インドでも 日本でも 激しいものだろうか・・・

率土神社(そっと) 35.426745, 139.969137
春日山の本宮神社から率土神社から道入口(中の道入口)
383.98 km(238.59 マイル)下の道入口35.424634, 139.968459
383.88 km(238.53 マイル)中の道入口35.425521, 139.968652
383.78 km(238.47 マイル)上の道入口35.426361, 139.968986
春日山の本宮神社から宮島の大聖院の摩尼殿
326.79 km(203.06 マイル)
大聖院の摩尼殿34.291784, 132.318230
春日山の本宮神社34.681478, 135.852519

もともと春日の地に祀られていた地主神は、
廻廊隅にある榎本社( 猿田彦大神)として祀られている。
地主神は、春日地方の旧勢力で、
和邇氏一族の小野氏が奉祭したと考えられている。

◎枚岡神社ひらおか
大阪府東大阪市出雲井町7-16
祭神 天兒屋根大神 マルドック
   比賣大神 ニンリル(后・天美豆玉照比咩大神)
           春日比売大神
配祀 齋主大神 エレシュキガル 天照大御神(神大市比売命)
   武甕槌大神 ネルガル

吉備で素戔嗚(温羅)と息子・大年と
猿田彦(素戔嗚の父)を殺害して
素戔嗚の妻・経津主(神大市比売命)と娘・宇迦之御魂神を
さらって 妻としている・・・

孝徳天皇白雉元年(650)、山麓の現在地に遷座した。
稱徳天皇神護景雲二年(768)、当社祭神二神の分霊を
奈良春日大社へ奉斉し、故に、当社を「元春日」とも呼ぶ。
光仁天皇宝亀九年(778)、
奈良春日大社の他の祭神二神
(齋主大神・武甕槌大神)の分霊を当社へ奉斉し、
祭神四座となった。

ニンマーの帰還が養老二年(718年)で 
枚岡神社にも影響する・・・

社伝によれば、
神武天皇紀元前三年、・・BC3年なら11代 垂仁天皇27年・・正しい
天種子命(アメタネコ)が勅命により、
神津嶽に天児屋根大神・比賣大神の二神を
祀ったのが、当社の創祀。

10代 崇神天皇の時に7代孝霊天皇エンキの
息子マルドックを使っている

7代 孝霊天皇 BC290年からBC215年
8代 孝元天皇
9代 開化天皇
10代 崇神天皇 BC97年からBC30年

天種子命は
神武の鏡臣 (左大臣)。
直り中臣守の家名を神武より賜る。中臣氏の祖。?ずっと後

神武天皇3年は BC658年
神武天皇紀元前三年 神武天皇元年(BC660年)の前のBC663年?


大聖院の摩尼殿34.291784, 132.318230
大聖院の摩尼殿から備中国總社宮
138.36 km(85.98 マイル)備中国總社宮34.676988, 133.753692


吉備津彦神社の主祭神
大吉備津彦命(おおきびつひこのみこと)マルドック
元の名前 彦五十狭芹彦命(ひこいさせりひこのみこと)

征服して 元の王の名前を使っているから
解らなくなる。
マルドック少彦名に変換するとよい。
合わないのは 前の本物の大吉備津彦命
大吉は少し不愉快で
吉とか幸は 猿田彦イシュクル・住吉大社なので
エンキと息子マルドック少彦名と娘の息子ネルガル 武甕槌での
吉備と出雲の征服は
その後の破綻に向かう


7代孝霊天皇エンキ - 大吉備津彦命の父。
8代孝元天皇 - 大吉備津彦命の兄弟。
9代開化天皇 - 孝元天皇の子。
10代崇神天皇 - 開化天皇の子。
彦刺肩別命(ひこさしかたわけのみこと) -
     大吉備津彦命の兄。ネルガル
天足彦国押人命(あまたらしひこくにおしひとのみこと) -
     第5代孝昭天皇の子。
大倭迹々日百襲比売命(おおやまとととひももそひめのみこと) -
     大吉備津彦命の姉。
大倭迹々日稚屋比売命(おおやまとととひわかやひめのみこと) -
     大吉備津彦命の妹。
金山彦大神
大山咋大神

異母兄弟のうちでは、
吉備氏関係の稚武彦命ネルガル(若日子建吉備津日子命)がいる。


『日本書紀』崇神天皇10年9月9日条では、
マルドック(吉備津彦)を西道に派遣するとあり・・・・
同書崇神天皇9月27日条によると、
派遣に際して武埴安彦命と
その妻の吾田媛の謀反が起こったため、
五十狭芹彦命(吉備津彦命)が吾田媛を、
大彦命と彦国葺が武埴安彦命を討った。
その後、四道将軍らは崇神天皇10年10月22日に出発し、
崇神天皇11年4月28日に平定を報告したという。

また同書崇神天皇60年7月14日条によると
天皇の命により吉備津彦と武渟川別は出雲振根を誅殺している。


『古事記』では『日本書紀』と異なり、
孝霊天皇の時に弟の若日子建吉備津彦命(稚武彦命)
とともに派遣されたとし、
針間(播磨)の氷河之前(比定地未詳)に
忌瓮(いわいべ)をすえ、
針間を道の口として吉備国平定を果たしたという。
崇神天皇段では派遣の説話はない。

箸墓古墳から美談神社
293.99 km(182.68 マイル)美談神社35.411038, 132.794942+宮
〒691-0013 島根県出雲市美談町182

美談神社の祭神   若宮大明神
経津主命 武甕槌命 息長足姫命
配祀 式内社
出雲國出雲郡 同社
    比賣遲神社ひめち 
      比賣遅神

境内 式内社・式外社
出雲國出雲郡 縣神社
合祀 出雲國出雲郡 同社
   和加布都努志神社
縣神社
天穂日命 和加布都努志命

出雲國出雲郡 印波神社
合祀 式外社 彌陀彌神社 出雲風土記
印波神社
天手力雄命 太玉命


氷川女体神社35.886970, 139.693704
〒336-0916 埼玉県さいたま市緑区宮本2丁目17-1
祭神 奇稲田姫命
社伝では、
崇神天皇の時代に出雲大社から勧請して創建されたと伝える。

山王から氷川神社の末社 稲荷神社
672.29 km(417.74 マイル)稲荷神社35.915342, 139.629798
山王34.444370, 132.452853
〒731-0137 広島県広島市安佐南区山本9丁目
簸川神社

この記事へのコメント

omachi
2018年12月11日 20:48
もう読まれましたか、
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

この記事へのトラックバック