枯れた骨

497  枯れた骨


日本武尊の宮・能褒野神社は
明治に創建・・・
創造主ヤハウェには時間の反転も容易い
イスラエルの民は
枯れた骨の復活を知っている
毛利男爵の八上城の文言も
彼らだけが 知ること
神官の系は・・・

◎道入口から壱岐の天手長男神社から能褒野神社から亀山駅鳥居
639.93 km(397.63 マイル)能褒野神社34.885833, 136.483475
壱岐の天手長男神社の中の道入口33.763777, 129.702318
天手長男神社33.764142, 129.702516
亀山駅前の能褒野神社の一の鳥居34.850660, 136.450151

こんなラインは ハイテクノロジーのライン
その上に 東側を通る道にまで 
県道639号線の名前にしている・・・凝っているから

1879年(明治12年)に宮内省(現・宮内庁)により
皇族墓に治定されたため
現在まで同庁の管理下にあり、
これまで1929年(昭和4年)に帝室林野局による測量調査、
2013年度(平成25年度)に
宮内庁書陵部による墳丘測量調査および
周囲古墳の試掘調査が実施されたが、
主墳の発掘調査は実施されていない。

宮内庁により景行天皇(エンリル)皇子の
日本武尊(ナンナル小臼)の墓に治定されている。
この治定に伴い、
1895年(明治28年)
には古墳傍に
日本武尊を祀る
能褒野神社も創建されている。・・・ここが問題点

明治16年(1883年)に神宮祭主・久邇宮朝彦親王より
「能褒野神社」と社号が選定され、
明治17年(1884年)3月に能褒野陵の側に
神社創建の許可を得、
有栖川宮その他の宮家から幣帛料をたまわった。
明治28年(1895年)に社殿が竣工され、・・・・ラインの決定
神宮祭主・賀陽宮邦憲王より
御霊代を拝戴して鎮座祭がとりおこなわれた。

ここでラインが決められて
能褒野神社が造られたことは 
それだけの 能力者(エイリアン)が
政府内部(天皇家)に居るということ・・・・

私の家に キッチリ 
天皇家の墓(クフ王ピラミッド)を合わせているのも
決まっているが・・・枯れた骨の復活を願って・・・
色々と自覚は している

山王から倉敷(吉備)の阿智神社
122.20 km(75.93 マイル)阿智神社34.597684, 133.773490
122.21 km(75.93 マイル)+本殿
山王34.444334, 132.452733
山王から阿智神社から鳥居   終りと始まり
122.32 km(76.00 マイル)鳥居34.596561, 133.773348
〒710-0054 岡山県倉敷市本町12-1
鶴形山の山頂に・・・鶴
鎮座する宗像三女神を主祭神に祀る神社。
1620年頃に建てられた本殿が現存する。
日本一大きな曙藤があることで知られる。


阿智神社前宮 奥宮
長野県下伊那郡阿智村智里489 前宮
   下伊那郡阿智村智里497 奥宮
祭神 天八意思兼命 天表春命
配祀 誉田別命 健御名方命 大山咋命
第八代孝元天皇五年春正月、
天八意思兼命が御子神を従えて信濃国に天降り鎮座した

『日本書紀』景行天皇(エンリル)四十年の条に、
日本武尊(ナンナル)が信濃の山中で
白鹿となって現れた神(エレシュキガル)に
蒜(ひる)を投げつけて
殺したため道に迷って難渋したが
白い犬(マルドック)に助けられ美濃に出たとあり、
以前は、信濃坂を越える者は、
神の気を受けて病になる者が多かったが、
この後は、山を越えるものは
蒜を噛んで人や牛馬に塗ると
神気にあたらなくなったとある。

来待本宮きまち 35.394104, 132.979283
島根県松江市宍道町上来待1346
祭神 月夜見神
配祀 佐久多大神 天照大神外十一神 神戸大神 手力雄神


壱岐の天手長比売神社跡 から手長神社道入口
808.28 km(502.25 マイル)道入口36.045615, 138.120533
壱岐の天手長比売神社跡 33.761631, 129.702102

道入口から天手長男神社から手長神社道入口
808.28 km(502.25 マイル)
天手長男神社の道入口は道路を広げて車道である
元の道の入口は33.763064, 129.701881
・道入口から天手長男神社から手長神社から道入口
808.38 km(502.30 マイル)

・道入口から天手長男神社から足長神社の古墳
808.88 km(502.62 マイル)古墳36.025683, 138.134373

・壱岐の天手長男神社から足長神社から道入口
808.78 km(502.55 マイル)道入口36.024610, 138.133225
・壱岐の天手長男神社から足長神社
808.69 km(502.50 マイル)
・壱岐の天手長男神社から能褒野神社
634.93 km(394.53 マイル)能褒野神社34.885843, 136.483481
〒519-0213 三重県亀山市田村町1409
祭神 日本武尊(小臼)
能褒野王塚古墳(のぼのおうつかこふん)は、
三重県亀山市田村町にある古墳。
形状は前方後円墳。
墳丘長:90メートル
後円部 - 2段または3段築成か。
直径:約54メートル
高さ:約8.5メートル

・壱岐の天手長男神社から石段入口から能褒野王塚古墳山
634.93 km(394.53 マイル)古墳山34.884559, 136.481607
石段入口34.883947, 136.482602

・壱岐の天手長男神社から能褒野神社から石段入口
635.15 km(394.66 マイル)石段入口34.883952, 136.482608
能褒野神社の参道ラインは古墳の石段入口に合わせてある



・壱岐の天手長男神社から別の県道639号線の石段入口
634.96 km(394.55 マイル)石段34.884105, 136.484142

・壱岐の天手長男神社から古墳山から亀山駅の鳥居
639.49 km(397.36 マイル)古墳山34.884596, 136.481608


〒392-0012 長野県諏訪市四賀5386
足長神社 祭神 脚摩乳神
社記によれば、当初、
ここに足長ナンナル・手長ニンガル両神が祀られていたが、
手長神は、下桑原へ分祭され、
荻で屋根を葺いていたので、
「荻の宮」と呼ばれていたという。


〒392-0003 長野県諏訪市上諏訪9556
手長神社 祭神 手摩乳命てなづち
別名を「手長彦神」といい、
諏訪大社の祭神・建御名方神に随従する神。
建御名方神が諏訪大社に祀られる以前から
この地で信仰されていた神とされる。
日本神話では、建御名方神の先祖の
奇稲田姫の母神の名として登場する。

天手長男神社あまのたながお
壱岐市郷ノ浦町田中触730  壹岐國一宮
祭神 天忍穂耳尊 ナンナル 小臼 日本武尊 月神 など
   天手力男命 アヌ王
   天鈿女命 ニンガル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック