日本の古代史を直す

21ゆがさん

由加山は三人の神が本宮にいる。
真ん中に天御中主神が鳳凰として、
シュメールのモザイクマークのような図柄、

画像


それに三つの霊を乗せ、
左右には龍蛇の高御産巣日神は虎に、神産巣日神は蛇が、
正面、屋根の下に彫刻されていた。34.505826, 133.851090


画像


画像


左となりには、稲荷神社(イナンナ)がいて、34.505761, 133.850954

画像


その奥には、
ここで一番古い鳥居があり、34.505941, 133.850862
ここの御神体である岩の前には赤い祠がある。34.506081, 133.850817

画像


天御中主神、スサノオ、・・・が磐座で信仰されていた。34.506083, 133.850953
由加の御祭神は変えられていて、
本体は造化三神とスサノオであるが。
最強な数字で猿田彦もいたが、哀れな意味だった。
蓮台寺八角堂もあり

画像



大師堂は高野山の池と最強なつながりになっていたマルドック
瑜伽山蓮台寺 奥の院は熊野ともつながり

由加山が古さでも特別な意味も持つ
天御中主神はニビルのアヌ王
石段にはエンキ・エンリル
蓮台寺観音堂には十一面観世音菩薩ニンリル34.506057, 133.851581
権現堂は熊野速玉の主もニンリルで
瑜伽権現は熊野権現のニンリル
伽山霊堂

白木山から観音堂から多宝塔
117.02 km(72.72 マイル)猿田彦を祀っている

白木山から観音堂
116.93 km(72.66 マイル)
白木山から大師堂
116.93 km(72.66 マイル)

蓮台寺多宝塔34.505358, 133.852209五智如来 大仁王像は多分 猿田彦
白木山34.521286, 132.575521
白木山から多宝塔
116.99 km(72.69 マイル)確定

山王神社跡から由加神社本宮34.506017, 133.850980
128.42 km(79.79 マイル)
山王神社跡34.444285, 132.452046 由加山本宮でも猿田彦を祀っている

観音ニンリルの子が猿田彦イシュクル

白山菊理姫は
白山比咩神社の奥宮から蓮台寺 奥の院
331.03 km(205.70 マイル)
331.03 km(205.69 マイル)白山比咩神社36.434258, 136.636042
331.11 km(205.74 マイル)36.435352, 136.636124
白山比咩神社の奥宮36.434643, 136.635737
蓮台寺 奥の院34.506132, 133.850514

エンキ瀬織津姫 
糸島の火山から蓮台寺 奥の院
354.42 km(220.22 マイル)33.597843, 130.162576

蓮台寺 奥の院の端34.505988, 133.850369又は客殿
糸島の火山から奥の院の石段のエンキの狛犬(角はない)
354.44 km(220.24 マイル)吉備津比古は確定34.505805, 133.850715


妙見宮34.508518, 133.854189ニンフルサグも拝んでいる

由加山から妙見宮
333.47 m(1,094.07 フィート)か338.67 m(1,111.13 フィート)

初めに分かれた66の石段を駐車場から上がり、
今は車道になった多分、16段と5段を通ると、
61段の厄除石段そして本宮の9段につく。
両神鳥居には、
神産巣日神の狛犬が、
睨み付ける。

画像


一角の高御産巣日神の狛犬が、
睨み付ける。34.505320, 133.851088

画像


66段17段8段 17段5段61段8段は、
本宮の8段をいれなかったら、
車道のところは25段5段になって、
66段25段 25段5段61段。
91段が二期(春夏の両神)ある特別な石段。
両神は天御中主神、スサノオであろう。
両神の前に稲荷神社(アマテラス)がいた。
今の66段61段は127段でここでも旧約聖書127を唄う。
あと6段で133も合唱となる。

この石段は磐座を通り、
江田山、神護禅寺、34.660779, 133.801430
鳥ケ山(大山の前)、35.355916, 133.570452
隠岐の空峰山に。36.324151, 133.250674
四国は亀谷山。33.602127, 134.150533
西は倉橋島の古観音山。34.182211, 132.518075
東は岐阜、中津川市の天狗森山に。35.399972, 137.520140
岩の方位は神産巣日神の鎌滝山か、33.784554, 133.531800

少名毘古那神マルドッグの石鎚山の天狗岳に行くであろうか。

画像


瑜伽山蓮台寺 奥の院の狛犬は高御産巣日神の、
一角を神々に折られている。34.505805, 133.850715 イシュクル神殺しのエンキ
由加山で裁かれたエンキ(角がない)  桓武天皇とどう繋がるか

画像


由加山を逆読みすると、
ヤーの神が加わった由。
そう今日、私が加わった。
ヨシオ山の王が加わった。
次元空間の何かあったようで、
左目をやられたが、
敵意を持ったエンキ神は・・・になった。

角のない狛犬から広島祇園の・・は
127.99 km(79.53 マイル)確定

日本三大権現の一つ、
また厄除けの総本山として知られる由加山
由加神社本宮は二千有余年の歴史を持つ神仏混淆のお山。
その昔、磐座信仰(巨岩をご神体)と唱え、34.506107, 133.850925
(専門家として見せていただいた)

画像


近郊の人々の守護神として崇められ、
その後七三三年(天平五年)に行基菩薩が十一面観音を祀り、
(観音はエンリルの妻ニンリルのこと、水中宮殿からひく)

画像


猿田彦の本宮、
椿大神社からは八角堂243.00 km(151.00 マイル)確定
これ、大変な数字と意味を持つ。
ニンリル・観音・熊野権現の子・イシュクル・猿田彦の冥福を祈るお堂だった。

画像


併せて神仏混淆の霊山として崇拝されてきました。
桓武天皇の代以来、朝廷の祈願所として繁栄し、
拝殿には菊花ご紋章を拝受している。

ウィキペディアより 

桓武天皇は  天皇在位781年から806年  737生-806没 暗号だ806年4月9日没これも暗号80649

白壁王(後の光仁天皇)の第1王子として天平9年(737年)に産まれた。
生母は百済系渡来人氏族の和氏の出身である高野新笠。
当初は皇族としてではなく
官僚としての出世が望まれて大学頭や侍従に任じられた
(光仁天皇即位以前は山部王と称された)。

父王の即位後は親王宣下と共に四品が授けられ、
後に中務卿に任じられたものの、
生母の出自が低かったため立太子は予想されていなかった。

しかし、藤原氏などを巻き込んだ政争により、
異母弟の皇太子他戸親王の母である皇后井上内親王が宝亀3年3月2日(772年4月9日)に、
他戸親王が同年5月27日(7月2日)に相次いで突如廃されたために、

翌4年1月2日(773年1月29日)に皇太子とされた。

その影には式家の藤原百川による擁立があったとされる。 ここがポイントかな

天応元年4月3日(781年4月30日)には父から譲位されて天皇に即き、
翌日の4日(5月1日)には早くも同母弟の早良親王を皇太子と定め、
11日後の15日(5月12日)に即位の詔を宣した。

延暦2年4月18日(783年5月23日)に百川の兄の藤原良継の娘藤原乙牟漏を皇后とし、
彼女との間に安殿親王(後の平城天皇)と神野親王(後の嵯峨天皇)を儲けた。

また、百川の娘で良継の外孫でもある夫人藤原旅子との間には     ここが原因の早良親王降ろし
大伴親王(後の淳和天皇)がいる。

延暦4年(785年)9月頃には、
早良親王を藤原種継暗殺の廉により廃太子の上で流罪に処し、
親王が抗議のための絶食で配流中に薨去するという事件が起こった。  殺された

これを受け、
同年11月25日(785年12月31日)に安殿親王を皇太子とした。
在位中の延暦25年3月17日(806年4月9日)に崩御。宝算70。
安殿親王が平城天皇として即位した。

神野親王は神野山34.667961, 135.996562のことだよね?
崇道天皇八嶋陵は早良親王の墓34.647534, 135.841709

この二人は繋がっているカンハヤヒと早良親王

山王から八嶋陵
311.19 km(193.37 マイル)34.444338, 132.452762

桓武天皇陵から八嶋陵
33.11 km(20.58 マイル)34.940218, 135.774790
33.03 km(20.52 マイル)入口34.939517, 135.774920確定

桓武天皇陵の入口から八嶋陵から高皇産霊神社
54.99 km(34.17 マイル)確定

桓武天皇陵の入口から高皇産霊神社
54.05 km(33.58 マイル) 5 40 5  で確定
高皇産霊神社34.453767, 135.795637 奈良県高市郡高取町観覚寺754

高皇産霊神社から崇道天皇八嶋陵
21.93 km(13.63 マイル)34.647325, 135.841710
21.91 km(13.62 マイル)八嶋陵の入口34.647152, 135.841711

桓武天皇はエンキだ。
ヤハウェを承知していたから、対応したのだ。
今もどこにいるか、解からなくしているが、
すぐそこに居るのだろう
多元的に生きているのだな

これに連座して万葉歌人の大伴家持(すでに故人となっていた)らの官職を剥奪した。

この後大飢饉が発生するなど忌まわしい出来事が起こったので、 ヤハウェが対応した
陰陽師に占わせたところ、
安殿親王の病は早良親王(怨霊鎮魂のため早良親王を崇道天皇と追号する)の怨霊の祟りとされた。

794年桓武天皇はその不吉から逃れるため和気清麻呂の提案を受けて

平安京(この後1180年の福原遷都を除き、

1869年の明治2年まで続いた都)に遷都した。

桓武天皇は、791年に坂上田村麻呂(屋敷にはエンキの宮がある)を征夷大将軍とし蝦夷(物部)を討たせ、

また794年藤原継縄・菅野真道らに国史編纂(797年『続日本紀』として完成)を命じた。

804年には空海・最澄らを唐に派遣する。
桓武天皇はまた宗教界を統制し、
さらに勘解由使を設置して
国司の監督を強化し天皇による強力な政治を行った。


今上天皇の発言
平成13年(2001年)12月18日、
天皇誕生日前に恒例となっている記者会見において、
今上天皇は翌年に予定されていたサッカーワールドカップ日韓共催に関する「おことば」の中で、
「私自身としては、桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると、
『続日本紀』[6]に記されていることに、
韓国とのゆかりを感じています。
武寧王は日本との関係が深く、
この時以来、日本に五経博士が代々招へいされるようになりました。
また、武寧王の子、聖明王は、
日本に仏教を伝えたことで知られております。」との発言を行った。

百済菱もユダヤであり、
半島を統治していたのはヤマトであった。
日本から距離ラインをひけば直ぐわかる。
トルキスタンから弓月、秦、次々国を作りつつ、
半島を南下して、予言の地の日本に辿り着いた。
ヤップ遺伝子を持った者は、滅ぼされ、
今の韓国にはいない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック